梨花、40代とは思えない美貌の裏に並々ならぬ努力、おれ大竹一( ・_・)ノΞ

1 :神々廻 ★:2018/02/08(木) 22:00:59.21 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/5vKbJqR.png モデルの梨花(44)が5日、自身のインスタグラムを更新した。最近の梨花といえば、マイブランドであるMaison de Reefurのプロデュースが大成功をおさめ
年商12億円という快進撃っぷりが伝えられている。また何よりも羨望を集めているのが生活拠点をハワイに移したライフスタイルであり、日々のSNS投稿
からはリアルなセレブ生活を垣間見ることができる。

http://image.dailynewsonline.jp/media/0/b/0b5abd860e9d72fb845db4414ed1285b61c8cea1_w=845_h=329_t=r_hs=f377813f5f7010e2595375b62d24ad9e.jpeg
http://dailynewsonline.jp/article/1401764/

続きを読む “梨花、40代とは思えない美貌の裏に並々ならぬ努力、おれ大竹一( ・_・)ノΞ”

20代とのカラオケで40代が味わう悲哀の正体 20代は職場の年長者をどう見ているのか。青森県、日本、テレビ朝日、はんにゃ

1 :みつを ★:2018/01/04(木) 21:30:30.09 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/t7DIECz.png http://toyokeizai.net/articles/-/203440?display=b

2018年01月04日
「OCEANS」編集部

30代〜40代のビジネスパーソンは「個を活かしつつ、組織を強くする」というマネジメント課題に直面している。ときに先輩から梯子を外され、ときに同僚から出し抜かれ、ときに経営陣の方針に戸惑わされる。しかし、最も自分の力不足を感じるのは、「後輩の育成」ではないでしょうか。
20代の会社の若造に「もう辞めます」「やる気がでません」「僕らの世代とは違うんで」と言われてしまったときに、あなたならどうしますか。ものわかりのいい上司になりたいのに、なれない。そんなジレンマを解消するために、人材と組織のプロフェッショナルである曽和利光氏から「40代が20代と付き合うときの心得」を教えてもらいます。

20代とのカラオケで感じる底無しの寂しさ

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら
さて、今回のテーマは「世界」です。20代の若者も、我々オッサン世代も、物理的には確かに同じ世界を生きています。しかしながら、同じ空気を吸って、同じものを見ているようでいて、どうも実際には全く違うものを感じているようです。

例えば私にとっては学生時代を過ごした京都の白川通はラーメンの天下一品本店や餃子の王将があったりする食欲をそそる通りでしたが、妻にとっては雑貨屋さんやカフェが街路樹のそばに立ち並ぶおしゃれ通りという認識でした。こんな風に人は、同じ時間、同じ空間を過ごしながらも、決して交わることのないパラレルワールドに住んでいることもあるのです。

若者とオッサン世代がパラレルワールドに住んでいることを最も実感するのがカラオケです。何にも特別な工夫をすることなく、思いがけず20代の若者とカラオケをすることになってしまうと、オッサン世代は地獄を味わうことになります。若者たちがテンション高く歌う歌は、きちんと意識していたならば街のどこかで聴いていたのかもしれないですが、おそらくオッサン世代には全く知らない歌ばかりでしょう。

結局、若者のノリについていけず、私は底無しの寂しさに襲われます。逆に、自分がなじんでいる歌を歌っても、若者たちは知りません。そういう目に会いたくないので私は若者とカラオケをすることになってしまったら、ギリギリ両方が知っている「90年代の曲しばり」でしかやりません。
(リンク先に続きあり)

続きを読む “20代とのカラオケで40代が味わう悲哀の正体 20代は職場の年長者をどう見ているのか。青森県、日本、テレビ朝日、はんにゃ”

40代で英語を習得するのは遅すぎるか?。土屋太鳳、級、トーナメント・プレイヤーズ・クラブ、東京

1 :ノチラ ★:2017/08/09(水) 11:37:30.06 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/sH8x4A1.png 40歳をすぎると、学生時代の英語力はすっかり錆びつき、記憶力も減退。英語の勉強が苦痛で、不安にかられる人が多い。しかし「やり方次第では、40代でも英語は上達する」と、英語の達人たちは異口同音に指摘する。ジーエルアカデミア代表取締役の塚本亮さんは、「海外留学や大学院進学の夢を実現するため、英語の勉強を中高年から再び始め、実力をメキメキ伸ばした人は大勢います」と明かす。

また、児童英語研究所社長の船津洋さんは「英語は“学習”するのではなくて“獲得”するものです」と力説する。いうなれば、体のなかに英語の感覚を染み込ませない限り、英語は身につかないというわけだ。人間が言語を操る仕組みについて、脳科学を長年研究してきた元帝京平成大学教授の後藤秀機さんは、下の図の「脳の地図」を見ながら次のように説明する。
http://president.ismcdn.jp/mwimgs/c/4/670mn/img_c4679b8ace174cf75655adf30e4ee4f2131813.jpg

「耳から脳の聴覚野(41/42)に入った言葉は、感覚性言語中枢のウェルニッケ野(22)で意味づけされ、記憶されます。会話をする場合、ウェルニッケ野で相手の言葉を理解し、前頭前野で文章を組み立ててから、運動性言語中枢のブローカ野(45)を通じて言葉を発します。私たちが言語を身につけるのは、言葉のやり取りを長期間にわたって繰り返しているうちに、脳に言語の回路ができるから。脳が同じ刺激を受けていると、神経細胞同士が強く結合して、情報伝達がスムーズになります。これを『ヘッブの法則』と呼びます」

後藤さんによれば、英文法問題を解く場合、英語の初心者は、脳のさまざまな部位を使うが、英語の上級者は、前頭前野など脳の一部しか使わないことが実験でわかったという。英語の上級者は、英語の回路ができており、効率的に答えを導き出せるのだ。ただし、言語の回路は、長期間使っていないと、脳が“廃用”にしてしまうそうだ。

つまり、英語の勉強を日頃から継続していれば、40代になっても、英語力は十分アップできるといえそうなのだ。
http://president.jp/articles/-/22723

続きを読む “40代で英語を習得するのは遅すぎるか?。土屋太鳳、級、トーナメント・プレイヤーズ・クラブ、東京”