「遅くて使いものにならない」という光回線への声、定額制も限界か。第48回衆議院議員総選挙、明日香村、ユニー、ビートたけし

1 :ノチラ ★:2017/11/13(月) 20:17:32.94 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/xvtP7PS.png あまり話題になっていないが、インターネット接続事業者(プロバイダー)の提供する光回線サービスが「遅くて使いものにならない」という声が一部で出ている。「モバイル回線のほうがまだまし」とさえ言われるほどだ。規格上の通信速度で1Gビット/秒をうたったサービスが主流となっているにもかかわらず、何が起こっているのか。

 同現象は、NTT東西の「フレッツ光」を使ったプロバイダーの一部サービスで起こっている。NTT東西の基幹網「NGN(次世代ネットワーク)」とプロバイダーを接続するネットワーク機器(網終端装置)が恒常的な混雑状態に陥っているのだ。顧客の新規獲得を抑えることで対処しているプロバイダーもある。

 この問題はNTT東西が設けた網終端装置の増設基準に起因しており、総務省の有識者会議が年内にも一定の結論を出す見通し。筆者が気になっているのは、その先の展開である。プロバイダーはトラフィック増加に長年苦しんでおり、これまでなんとかしのいできた。だが、いよいよ限界を迎えそうなのだ。「あと2、3年も持たないのではないか」「最後は従量制に切り替えるしかない」といった悲痛の声が聞こえてくる。

増設基準はセッション当たり100kビット/秒

 上記の問題を補足すると、ユーザーがNTT東西のNGN経由でプロバイダーと接続する方法には「PPPoE方式」(IPv4/IPv6、トンネル方式)と「IPoE方式」(IPv6、ネイティブ方式)の2種類がある。

後者のIPoE方式は「VNE」や「代表ISP」と呼ぶ16社に接続事業者が限られるものの、大容量のゲートウエイルーターを利用するので混雑しにくく、自由に増設できる。一方、前者のPPPoE方式はNTT東西が増設を判断しており、その基準が実態に見合っていないとしてプロバイダーが見直しを求めている。

 具体的には、網終端装置に収容するPPPoEのセッション数が基準となり、1Gビット/秒で接続する大型装置で1万セッションなど。「セッション当たりの帯域」に換算すると、100kビット/秒まで低下しなければ増設できないことになる。

もっとも、全てのユーザーが常に通信するわけではない。統計多重効果を見込めるため、さすがに100kビット/秒まで低下することはないが、「遅くて使いものにならない」といった声が出るのも当然である。業界事情に詳しいユーザーを中心にPPPoE方式のサービスをやめ、IPoE方式に乗り換える動きも進んでいる。

 NTT東西がこうした増設基準を設けた理由はコスト負担の増大を抑えるため。PPPoE方式の網終端装置のコスト負担は、NTT東西の約9割に対し、プロバイダーは約1割である。プロバイダーの要望に応じて増設すると、NTT東西の負担ばかりが雪だるま式に増えていくので「たまらない」(幹部)というわけだ。プロバイダーがコスト負担を増やすのであれば見直しも構わないとする。

実際、NTT東西は自らのコスト負担を抑え、増設基準を緩和したメニューを提供済み。コスト負担をNTT東西が約6割、プロバイダーが約4割としたメニューでは、増設基準をセッション当たりの帯域で500kビット/秒に緩和した。プロバイダーの全額負担を条件に網終端装置を自由に増設できるメニューも用意する。

 プロバイダーは依然として増設基準の引き下げ、または増設基準を「トラフィック」に変えることを要望しているが、結局はコスト負担が争点。NTT東西はコスト負担の増加につながる見直しには断固反対の姿勢を示している。

 一方、プロバイダーにとっては、増設基準のないIPoE方式を採用する選択肢もある。しかし、IPoE方式は接続事業者が16社に限られ、そもそものコスト負担がPPPoE方式に比べて高い。中小のプロバイダーには大きなハードルとなっている。

4K/8K映像のネット配信が苦境に追い打ち
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/110800954/ph4.jpg
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/110800954/

続きを読む “「遅くて使いものにならない」という光回線への声、定額制も限界か。第48回衆議院議員総選挙、明日香村、ユニー、ビートたけし”

滋賀県の現職警官、毎年逮捕者 管理強化だけでは限界か。大橋 未歩、ゴンサロ・イグアイン、日本マクドナルド、花守ゆみり

1 :アルカリ性寝屋川市民 ★:2018/02/11(日) 21:35:35.05 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/L6pSYfN.png 滋賀県警で現職警察官が逮捕される不祥事が相次いでいる。近年では2015年から毎年逮捕者が出ており、17年には脅迫や道交法違反などの疑いで2人が逮捕された。県警は不祥事が起きる度に職員教育の徹底を誓うが、効果が見えないのが現状だ。
 「県民の皆さまに深くおわびする。全職員が一丸となって再発防止に取り組む」。県警の滝口一也首席監察官は9日、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕、略式起訴され罰金刑を受けた彦根署の男性巡査長(32)を、同日付で懲戒免職処分にしたと明らかにし、陳謝した。
 県警が飲酒運転撲滅に取り組む歳末特別警戒の期間中に「身内」から逮捕者を出す失態に、幹部は「あり得ない」とあきれ返る。
 昨年はほかにも3月に、業務で知り合った不倫相手に「殺すぞ」などと電話で脅した脅迫容疑で東近江署の男性巡査部長=当時(36)、不起訴処分=が逮捕された。16年12月には路上で女性に抱きついたとして強制わいせつ未遂容疑で長浜署の男性巡査部長=当時(33)、県迷惑行為等防止条例違反の罪で罰金刑=が逮捕されている。2人とも懲戒処分を受け、依願退職した。
 県警によると逮捕者は、14年はゼロだったが、15年と16年はそれぞれ1人、17年は2人となり、県民の信頼回復に向けた再発防止が急務となっている。
 不祥事に詳しい同志社大の太田肇教授(組織論)は「警察はタテ関係が極めて強い閉鎖的な組織。上から言われた仕事をこなす内部のルールに慣れているため、自らが社会や市民の常識と照らして判断、行動する意識が低く、私生活でたがが外れるのではないか」と分析。「管理を厳しくするだけでは限界がある。自己責任で仕事をするという自覚を身につけさせるべきだ」と提言する。

yahooニュース(京都新聞) 2/10(土) 9:08配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180210-00000043-kyt-soci

続きを読む “滋賀県の現職警官、毎年逮捕者 管理強化だけでは限界か。大橋 未歩、ゴンサロ・イグアイン、日本マクドナルド、花守ゆみり”

何故かいじめ(*゚∀゚)、「またいじめが始まった」「これ以上限界」…広島・中3女子死亡、第三者委がいじめの調査結果発表

1 :ハンバーグタイカレー ★:2018/02/05(月) 09:47:24.49 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/mY7LFi8.png http://www.sankei.com/smp/west/news/180205/wst1802050017-s1.html

 広島市佐伯区の市立五日市観音中3年の女子生徒が昨年7月、遺書のような手紙を残して死亡した問題で、有識者でつくる第三者委員会は5日、生徒らへのアンケートや聞き取りによるいじめの調査結果を発表した。

 市教育委員会によると、女子生徒は2年の時、教師に「悪口を言われ嫌だ」と訴えていた。教員らへの聞き取り調査で悪口など7件を確認。市教委はいじめを苦に自殺した可能性があり、いじめ防止対策推進法が規定する「重大事態」に当たるとして、第三者委に調査を委託していた。

 女子生徒は昨年7月24日朝、校舎近くの駐車場で倒れているのを職員が発見。病院で死亡が確認された。校舎4階で生徒のかばんが見つかった。女子生徒の部屋には「またいじめが始まった」「これ以上限界」と書かれた手紙が残されていた。

続きを読む “何故かいじめ(*゚∀゚)、「またいじめが始まった」「これ以上限界」…広島・中3女子死亡、第三者委がいじめの調査結果発表”

妻をナタで殴り殺害しようとした72歳男逮捕 「面倒見るのが限界に達した」。松重 豊、横綱、横山大観、寺岡呼人

1 :すらいむ ★:2018/02/04(日) 20:34:50.73 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/pVDxwLo.png 妻をナタで殴った男逮捕「面倒見るの限界」

 熊本市で妻をナタで殴り殺害しようとしたとして、男(72)が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された。

 逮捕されたのは、熊本市南区の無職・佐藤平市容疑者(72)。
 警察によると佐藤容疑者は4日昼前、自宅で妻(72)の頭をナタで殴り殺害しようとした疑い。
 妻は全治2週間のけがで命に別条はないという。

 佐藤容疑者は約1年前から妻の精神状態について警察に相談していて、直前にも警察官が対応し保健所に通報することを伝えたばかりだった。
 佐藤容疑者は自ら警察に通報していて、「面倒を見るのが限界に達した」と容疑を認めているという。

日テレNEWS24 2018年2月4日 20:07
http://www.news24.jp/articles/2018/02/04/07384803.html

続きを読む “妻をナタで殴り殺害しようとした72歳男逮捕 「面倒見るのが限界に達した」。松重 豊、横綱、横山大観、寺岡呼人”

<「おおらかさ」はもう限界!>ルール明文化されず「品格」口撃…「白鵬へのバッシングは結果的に差別」。李明博、大統領、大阪国際女子マラソン、競馬の競走格付け

1 :Egg ★:2018/01/27(土) 12:38:33.85 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/XDGtPu0.png 元横綱・日馬富士の暴行問題に端を発し、こじれにこじれた大相撲界。心がズタズタになったのは、大相撲を心から愛する相撲ファンです。
騒動はなぜここまで過熱し、繰り返されるのでしょうか?? 「誰かをおとしめるようなニュースは傷つく」「白鵬へのバッシングは結果的に差別」。相撲を愛するライター、作家に話を聞きました。(朝日新聞記者・阿部健祐)

「土俵に上がったら、みんなおすもうさん」
 
1月14日に両国・国技館で始まった大相撲初場所。横綱白鵬や横綱稀勢の里は途中休場しましたが、目の離せない取組や、個性豊かな力士のしぐさや表情に国技館は連日わいています。
「スー女」について、著作があるライターの和田静香さんはファン歴10年以上の相撲ファン。初日と二日目に連続して国技館を訪れました。初日のチケットは家の近くのコンビニで、自ら予約したものでした。

国技館で相撲を堪能した和田さんは「自由に色々な形で、それぞれにリラックスして、楽しんでいいのが大相撲。土俵に上がったら、みんなおすもうさん。
土俵の周りはみんな相撲ファン。ただ、それだけ。いろいろあったけど」と幸せそうに振り返りました。

エスカレートした騒動 傷ついた相撲ファン

穏やかな空気がズタズタになったのは、元横綱日馬富士の暴行問題でした。日馬富士は引退しましたが、騒動はまったく収まりません。
「相撲協会」対「貴乃花親方」、「横綱白鵬」対「貴乃花親方」といった図式で報道され、憎悪が広がっていきました。
 
特に批判されたのが、暴行現場に同席した白鵬でした。いつのまにか、
「品格」という理由から取り口までも批判されるようになり、立ち合いで「かちあげ」や「張り手」を使うことに対して、今でもバッシングが起こっています。

もしも夢ならさめてくれ。ファンにとっては、そんな2カ月だったはず。和田さんが相撲ファンになったのは14年前。
気分が落ち込んで布団から24時間出れないほどだった時、全力で勝ちにいく朝青龍の相撲に魅了されたのがきっかけでした。
その朝青龍は2010年、知人への暴行問題などから今回のような騒動が起こり、一連の問題の責任を取って引退しました。

和田さんはつらい心情をはき出します。「私は好きな派閥とかもないし、みんなの力士が好きなんです。
だから、誰かをおとしめるようなニュースで傷つきます。こういう騒動は繰り返さないで欲しい」。

つづく

1/27(土) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000001-withnews-fight

続きを読む “<「おおらかさ」はもう限界!>ルール明文化されず「品格」口撃…「白鵬へのバッシングは結果的に差別」。李明博、大統領、大阪国際女子マラソン、競馬の競走格付け”