「サツ鬼」称しパトカー壊す 少年4人逮捕 交番に消化器噴射、ロケット花火打ち「挑発してガンガン追いかけてもらおうと思った」。ミッチー・サッチー騒動、市川 実日子、社員、クールジャパン

1 :ばーど ★:2018/02/15(木) 18:34:37.49 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/x6PYbmX.png 東京・町田市で「サツ鬼」と称して警察官を挑発し、追いかけてきたパトカーのボンネットを壊したなどとして16歳の少年4人が逮捕された。

逮捕されたのは、町田市の高校1年生など16歳の少年4人。警視庁によると4人は去年10月、他の少年らとともに金属製の棒のようなもの3本を持って集まり、バイクに乗って信号無視や蛇行運転などをしたうえ、追いかけてきたパトカーのボンネットをたたき壊し、警察官の業務を妨害した疑いが持たれている。

4人はこの日、交番に消火器を噴射したり、別の交番にロケット花火を打ち込んだりしてパトカーに追われていて、「警察を挑発してガンガン追いかけてもらおうと思った。サツ鬼と呼んでいる遊びです」などと供述し、容疑を認めているという。

2018年2月15日 14:38
日テレニュース
http://www.news24.jp/articles/2018/02/15/07385738.html

関連スレ
【社会】バイクを無免許運転しパトカーを棒で叩く鬼ごっこ「マッポ鬼」に興じていた少年ら4人を逮捕
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518668441/

続きを読む “「サツ鬼」称しパトカー壊す 少年4人逮捕 交番に消化器噴射、ロケット花火打ち「挑発してガンガン追いかけてもらおうと思った」。ミッチー・サッチー騒動、市川 実日子、社員、クールジャパン”

企業、社員に金ださず? 教育投資10年前より3割減、金取った方が(*゚∀゚)

1 :ノチラ ★:2017/12/17(日) 13:12:16.64 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/a7p3wlx.png 企業による人材育成への投資が伸び悩んでいる。厚生労働省によると、従業員への月あたりの教育訓練費は10年前より3割減った。優秀な人材を確保するには人への投資が欠かせないはずだが、企業は人にお金を回していないようだ。省庁やシンクタンクに話を聞くと、「非正規社員」「社会保障負担」「省力化投資」という3つのキーワードが浮かんできた。

 厚労省が就労条件総合調査報告で数年ごとに調べるデータをみると、企業が毎…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2473957016122017EA5000/

続きを読む “企業、社員に金ださず? 教育投資10年前より3割減、金取った方が(*゚∀゚)”

女「明日にしwww、読売新聞子会社の社員の男ら3人、強制性交などの疑いで逮捕 女性2人に乱暴

1 :かばほ〜るφ ★ :2018/01/25(木) 13:30:42.91 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7AlkS3C.png 読売新聞子会社の男ら3人、強制性交などの疑いで逮捕 女性2人に乱暴 大阪
2018.1.25 13:10

飲食店で知り合った女性2人に乱暴したとして、大阪府警東淀川署は25日、
強制性交などの疑いで、読売新聞の子会社「読売情報開発大阪」(大阪市北区)の
社員、飯田陽介容疑者(29)=大阪市東淀川区淡路=と、
同社員の佐藤秀栄容疑者(23)=同市阿倍野区昭和町=ら3人を逮捕したと発表した。

逮捕、送検容疑は昨年9月、大阪市内のパブで知り合った20代の女性2人を
飯田容疑者の自宅に連れ込んだうえで、1人に性的暴行を加えたほか、
泥酔状態だったもう1人にも乱暴したとしている。

読売情報開発大阪のホームページによると、同社は読売新聞大阪本社の100%子会社で、
販売促進業務などを行っている。社員の逮捕を受け、「誠に申し訳なく関係者におわびする。
事実関係の把握を急ぎ、厳正に処分する」とした。

読売新聞大阪本社広報宣伝部は「関連会社の社員らが逮捕されたことを厳粛に受け止める」
とコメントした。

産経ニュース
http://www.sankei.com/west/news/180125/wst1801250064-n1.html

続きを読む “女「明日にしwww、読売新聞子会社の社員の男ら3人、強制性交などの疑いで逮捕 女性2人に乱暴”

ドローン「残業する社員はいねーかー?」終業後の職場を監視 月給50万円〜。ショートプログラム、ワイド番組、真剣佑、プロ野球中継

1 :ハンバーグタイカレー ★:2018/01/25(木) 10:16:05.21 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/WNIIF3b.png http://www.asahi.com/articles/ASL1S52NHL1SOIPE016.html

働き方改革にちなんだ様々な新商品が相次いでいる。長時間労働の抑制や職場環境の見直しといった動きが「商機」につながるためだ。おしゃれで最新のオフィス家具が並ぶ職場の「上空」をドローンが飛び、残業している社員を見回る——。そんな職場が増えるかもしれない。

 ビルメンテナンスの大成(名古屋市)は今年10月、ドローンを使って残業をチェックするサービスを始める。都内のベンチャー企業が機体を開発し、通信技術はNTT東日本と協力した。直径45センチ、重さ1・3キロのドローンは秒速30センチ〜1メートル。終業後に飛行して職場を撮影し、映像はパソコンなどで見られる。人事担当者や上司は、働きすぎの社員がいるかどうかを確認できる。

 警備員の人手不足に対応するため、巡回用ドローンを開発していたが、残業抑制が世間で注目を集めていたことから使途を広げた。サービスはレンタル代も含めて月額50万円前後を想定する。4月からは数社で試験導入する。大成の広報は「企業の人事担当者は帰宅を呼びかけるために残業したり、残業中の社員に疎まれたりといった悩みを抱えていた」と話す。

 働き方改革の一環として、オフ…

残り:450文字/全文:925文字
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180122003369_comm.jpg

続きを読む “ドローン「残業する社員はいねーかー?」終業後の職場を監視 月給50万円〜。ショートプログラム、ワイド番組、真剣佑、プロ野球中継”