ハリセンボンが海岸で大量死 寒さで活動鈍ったか。平昌郡、小平奈緒、1000メートル競走、2010年バンクーバーオリンピック

1 :たんぽぽ ★:2018/02/14(水) 19:19:14.90 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Xf1wTjD.png https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180214/k10011329141000.html
ハリセンボンが海岸で大量死 寒さで活動鈍ったか
2月14日 19時13分

福岡市と隣の糸島市にかけての海岸で、フグの仲間のハリセンボンが大量に打ち上げられているのが見つかりました。専門家は「きのうまでの寒さで活動が鈍り、打ち上げられたのではないか」と話しています。

大量のハリセンボンが見つかったのは、福岡市西区から隣の糸島市の二見ヶ浦にかけての海岸で、砂浜の上に点々と打ち上げられて死んでいるのが確認されました。

福岡県水産海洋技術センターによりますと、ハリセンボンは温暖な海に生息していて、これまでも冬に大量に打ち上げられたことがあるということです。

センターの濱田弘之研究部長は「福岡市沖の玄界灘では数年に1度、冬、ハリセンボンの大群が集まることがあり、きのうまでの寒さで活動が鈍り打ち上げられたのではないか」と話しています。

続きを読む “ハリセンボンが海岸で大量死 寒さで活動鈍ったか。平昌郡、小平奈緒、1000メートル競走、2010年バンクーバーオリンピック”

海底に巨大溶岩ドーム=鬼界カルデラ、現在も活動か「次の巨大噴火の準備過程に入っている···」、来ない事!!

1 :岩海苔ジョニー ★:2018/02/13(火) 10:35:14.28 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/lg0yoz6.png  約7300年前に巨大噴火を起こした鹿児島県・薩摩半島沖の「鬼界カルデラ」で、噴火後に海底に巨大な溶岩ドームが形成され現在も活発に活動していることが分かったと、神戸大海洋底探査センターなどが発表した。論文は9日、英科学誌サイエンティフィック・リポーツ電子版に掲載された。

 センター長の巽好幸教授は「カルデラの地下に大量のマグマが存在し、次の巨大噴火の準備過程に入っている可能性がある」と話している。

 溶岩ドームは直径約10キロメートル、高さ約600メートル。噴火した場合、マグマの量は少なくとも32立方キロメートルと推定され、溶岩ドームでは世界最大級という。

 センターは2016年から水中ロボットなどを使った調査を3回実施。溶岩ドームが水中で形成される場合に特有の割れ目などを確認した。ドームの表面から採取した岩石の特性が、巨大噴火以降にできた薩摩硫黄島などの溶岩と同じことも判明。人工地震で地震波の伝わり方を分析した結果、ドームがカルデラを底から押し上げながら成長した構造も分かった。 

 巽教授は「マグマを高解像度で可視化して監視し、噴火予測につなげたい」と話している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000150-jij-sctch

続きを読む “海底に巨大溶岩ドーム=鬼界カルデラ、現在も活動か「次の巨大噴火の準備過程に入っている···」、来ない事!!”

AC/DC、ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズを迎えて活動を継続か。モンスターズ・インク、九州新幹線、快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー、川地 民夫

1 :湛然 ★:2018/02/05(月) 20:52:47.17 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/kpKUBPM.png 2018.2.5 月曜日

AC/DC、ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズを迎えて活動を継続か

AC/DCは再びガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズをヴォーカリストに迎えて活動を継続する予定だと報じられている。

アクセル・ローズは、AC/DCのフロントマンであるブライアン・ジョンソンが聴覚を失う可能性からツアーへの参加を医師に止められたことを受けて、2016年よりAC/DCのツアーに参加していた。

AC/DCの伝記作家として知られるマレー・エングルハートによれば、アンガス・ヤングにはアクセル・ローズと共に新曲をレコーディングする意向があるという。

マレー・エングルハートは自身のフェイス・ブックで次のように述べている。「みんなの望むことは考えているけれど、前にも言った通り、もう一度言わせてもらうよ。AC/DCはアクセルをヴォーカルに続いていくよ。ニュー・アルバムもツアーも一切合切ね。アンガスによる壮大な賭けは、これまでと同じく莫大な勝利となり、今後の活動の舞台を作ることになるんだ」

https://www.facebook.com/murray.engleheart/posts/10155436760647449

(以下略、全文はソースをご覧ください。)

Photo: GETTY
https://nme-jp.com/nmesite/wp-content/uploads/2016/05/2016_AxlRose_GettyImage529030694_090516-720×477.jpg
https://nme-jp.com/news/49789/

続きを読む “AC/DC、ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズを迎えて活動を継続か。モンスターズ・インク、九州新幹線、快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー、川地 民夫”

身内に手を出した跳び箱男・池谷弟が不倫で活動自粛していた。日本、TWICE、診療、嵐

1 :きゅう ★:2018/02/04(日) 14:26:44.22 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/bJDdyB1.png  先週発売の写真誌「フライデー」(講談社)で不倫疑惑を報じられた、元体操選手でタレントの池谷直樹について、池谷が主宰するパフォーマンス団体「サムライ・ロック・オーケストラ」が30日、公式サイトで謝罪した。

 同誌は妻子持ちの池谷が「サムライ」に所属する元新体操選手でパフォーマーの25歳の美人女性と、2日連続で都内のラブホテルに入る2ショット写真も掲載していた。

 同誌の取材に、池谷はホテルで女性を指導していたことを説明し、「誤解されるような行動を取ったことはあるかもしれないが、一線は越えていない」と男女の関係を否定していたのだが…。

 同サイトでは、「お詫びとご報告」と題し、「この度、某週刊誌に掲載されました池谷直樹の記事により多くの皆様にご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。本人自身軽率な行動について深く反省をしております」と謝罪。

 そのうえで、池谷が「サムライ」の主宰の責務を辞退すること、4月からの新作舞台への出演や総合演出などの活動を自粛することを報告した。

 それに伴い、「サムライ」の「アメージング 八犬伝」の仙台公演(2月10日)は、予定どおり開催するものの、池谷の出演は見送られるという。

 「かつて放送されていたTBS系『スポーツマンNo.1決定戦』の人気企画だった巨大跳び箱・モンスターボックスで活躍した池谷だが、ここ最近は全盛期に比べ稼ぎが激減したはず。それもあってか、“身内”に手を出した結果、自滅してしまった」(芸能記者)

 活動自粛を発表した同日、なんともタイミングが悪いことに、池谷が妻とともに出演した「有吉弘行のダレトク!?」(フジテレビ系)が放送されてしまった。

 番組を見る限り夫婦仲は良好な様子だったが、不倫疑惑報道が夫婦仲にどう影響したかが気になるところだ。

http://wjn.jp/article/detail/5243358/
http://images.wjn.jp/article/58/5243358-1-2.jpg

続きを読む “身内に手を出した跳び箱男・池谷弟が不倫で活動自粛していた。日本、TWICE、診療、嵐”

小室哲哉www、大江千里、47歳で始めた僕の「ライフ・シフト」 米国での活動から小室さんの引退までを語る

1 :みつを ★:2018/02/01(木) 02:08:42.77 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Xf1wTjD.png http://toyokeizai.net/articles/-/206780

2018年01月31日
杉本 りうこ : 東洋経済 記者

人生100年時代。働き方やスキルは何度もアップデートできる。そんな生き方を体現しているのが、『格好悪いふられ方』などのヒット曲で知られるシンガーソングライター・大江千里さんだ。
国内ポップミュージック界でのキャリアを捨て、47歳でジャズの名門・米ニュースクールに入学。現在はニューヨークを拠点とするジャズミュージシャンで、自身のレーベル・PNDレコーズを「ひとりビジネス」として手がける経営者でもある。
その毎日の様子は1月の新著『ブルックリンでジャズを耕す 52歳から始めるひとりビジネス』(KADOKAWA)に詳しいが、約1年ぶりに帰国した折にじっくり話を聞いた。千里さん、人生の新しいステージをどう生きていますか?
僕にとっては「意味のあるおカネ」

——今の活動状況を教えてください。

ニューヨークの53丁目にある「トミジャズ」というジャズクラブで、毎月最終木曜日に演奏しています。元々は日系のお店なんですけど、今は出ているアーティストもお客さんも日本人のほうが少ない。非常にニューヨーク的なお店になっています。僕はジャズミュージシャンとして、すごく曲を書きたい。だから書いた曲を毎月トミジャズでお客さんに聞いてもらって、反応を見て、それでまた次を考えるというサイクルです。

後はニューヨーク以外にも欧米でツアーをやっています。去年は中西部を攻めようと決めて、ミネアポリスやコロンバス、シカゴなどでツアーを組みました。西海岸やワシントンでもやっています。去年はヨーロッパはなかったけれど、メキシコで演奏しました。

——収入源は主にライブですか。

ライブが大きいですね。ジャズのアルバムも、毎月少しずつ売れています。毎月売れるってすごくないですか? もちろん、日本のバブルの頃に入ってきた額とはケタが違うんだけど、僕にとってはそれ以上に意味のあるおカネのような気がします。あの頃は入ってくる金額が大きくても、税金やらで出ていくものも大きかった。おカネのことが分からなくなっていて、一体いくら稼いでいくら残るんだろう?という不安がありました。今は銀行口座を見て、仮に減っていても、「あれじゃそりゃあ減るよね。じゃ、またなんか始めなきゃ」って手に取るようにわかる。
(リンク先に続きあり)

続きを読む “小室哲哉www、大江千里、47歳で始めた僕の「ライフ・シフト」 米国での活動から小室さんの引退までを語る”