≪加藤紗里≫家賃45万生活費100万円払ってくれる彼氏と別れて月200万の三崎優太と交際するかも。平岡卓、グリュックスブルク家、2010年バンクーバーオリンピック、デンマーク

1 :豆次郎 ★:2018/02/10(土) 05:21:16.31 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/VnyWnky.png 2018/2/9 22:35
 2月9日(8日深夜)の『じっくり聞いタロウ』(テレビ東京系)では、株式会社メディアハーツの代表取締役の三崎優太と加藤紗里の飲み会の様子を放送。

 以前、三崎が同番組に出演した際、一番好きな女性有名人を加藤と答えたことがキッカケで、番組が今回の食事会をセッティングした。

 序盤は、なかなか会話が噛みあっていなかったが、次第に会話が盛り上がり始める。
加藤が「いま彼女いるんですか?」と質問し「いないです」と答える三崎。
次に、三崎が「彼氏いるんですか?」と加藤に恋人がいるのか聞く。
加藤は「一応いるんですけど、別れようか迷ってる。あんまり会ってもないし、私が東京で仕事があるので、(彼氏は)遠くに住んでるんで」と曖昧な返事をして、三崎を揺さぶる。

 続けて、「彼氏がいる子のほうがオトしやすいと思うんですよ。彼氏がいない子って、結構ハードルが上がっちゃってるじゃないですか。紗里みたいな感じだと、今の彼氏に不満とかあるからオトしやすい」とイケメンセレブを完全にロックオンした加藤は、自分を口説くよう誘導し始めた。

 また、三崎が加藤の懐事情について聞く。
加藤は「今は彼氏に家賃を払ってもらってます。自分じゃ払えないので…」と45万円もの家賃を彼氏に払わせていると告白。
さらに、「生活費としてもらってます。100万円です」と家賃とは別に100万円もらっているらしい。

 これを聞いた三崎は「じゃあ別れられないじゃん」と別れてしまうと家賃が払えず路頭に迷ってしまうと指摘。
加藤は「同じように払ってくれる人を見つけるか…」と新たな恋人が見つかればとさり気なくトスを上げる。
すると「じゃあ払っちゃおうかな。月200万くらい払っちゃう」と加藤にかなり入れ込んでいる様子の三崎。

 月200万円くれると聞いた加藤は腹をくくったのか「彼氏になってくれたら、今の彼氏と別れる」と三崎にガチ告白。
三崎は「恥ずかしいからライン教えてよ」とさすがに答えは出さなかったが、連絡先を交換し、仲睦まじい様子を見せた。

 毎月145万円貢いでくれる彼氏がいながら、新しい彼氏を探そうとする加藤のクズさには呆れてしまう。
だが、炎上商法は加藤の十八番。今回もクズキャラを演じて、名前を売ろうとする彼女の戦略なのかもしれない。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180209-94659005-naigai
https://iwiz-cmspf.c.yimg.jp/im_sigglk1NOMZq4iO6vR0mHYbVIw—x450/c/cmspf/54/71/77/21/c4cfdc140ce75a15c7097182efdb5c4f.jpg

続きを読む “≪加藤紗里≫家賃45万生活費100万円払ってくれる彼氏と別れて月200万の三崎優太と交際するかも。平岡卓、グリュックスブルク家、2010年バンクーバーオリンピック、デンマーク”

平昌五輪レセプション 米ペンス副大統領は遅れて到着し5分で退席 韓国はもう切り捨てられるのか?。勇者、2018年平昌オリンピック冬季競技大会、平岡卓、冨田せな

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/10(土) 13:22:26.83 ID:Z5GcokGV0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/p3Qsh11.png http://img.5ch.net/premium/1372836.gif
【社説】わずか5分で退席したペンス米副大統領の警告=韓国

懸念していたことが起きた。それも最も輝くべき平昌オリンピック開会式の直前にだ。韓米同盟の隙間を見せる事件が昨日晩、文在寅大統領が海外貴賓を対象に主催したレセプション行事で発生した。
ペンス米副大統領は文大統領の歓迎行事に現れなかったうえ、レセプション場にも遅く到着した。続いて文大統領との記念写真を別の空間で行い、やむを得ず入ったレセプション場をわずか5分で出ていった。
メインテーブルに用意された自分の席には座ることもなく、金永南北朝鮮最高人民会議常任委員長とあいさつも交わさなかった。韓国政府が期待した朝米の「接触」は実現しなかった。

ペンス副大統領は訪韓前から「北朝鮮が五輪のメッセージを乗っ取ろうとしている」と懸念を表していた。北朝鮮が非核化に誠意を見せず「微笑攻勢」を展開する偽装平和ショーをするという指摘だった。
今回の訪韓には北朝鮮の拷問で亡くなったオットー・ワームビアさんの父を同行させ、強硬な対北朝鮮基調を維持した。
昨日の開会式出席直前の日程も韓国哨戒艦「天安」展示館の訪問および脱北者との面談であり、北朝鮮の好戦性と極悪性を浮き彫りにすることに注力した。
脱北者に会った席ではトランプ米大統領が北朝鮮を「監獄国家」と述べたと紹介し、「北朝鮮は自国民を収監し、拷問し、飢えさせる残忍な政権」と伝えた。

問題はペンス副大統領がわずか5分で退席するほど激しい反応を見せた点だ。「米国は北朝鮮と対話しない」という立場表明と同時に韓国に対しても強い警告を送ったと読み取ることができる。
まだ北朝鮮から非核化に関するいかなる話も聞いていない状態だ。なのに「白頭血統」金与正氏との会談を準備するなど、韓国政府が過度に南北対話にこだわっているという不満とみられる。
朝米の接触を意図的に演出しようとした韓国政府に対する不快感でもある。南北の和解と対話、さらに北朝鮮の非核化は、韓米が確実な協力の中で推進する場合に限り動力を得る。
ペンス副大統領の警告を重く受け止める必要がある。

http://japanese.joins.com/article/500/238500.html

関連
平昌五輪:韓日首脳非公開会談、慰安婦・核めぐり衝突
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/10/2018021000423.html

続きを読む “平昌五輪レセプション 米ペンス副大統領は遅れて到着し5分で退席 韓国はもう切り捨てられるのか?。勇者、2018年平昌オリンピック冬季競技大会、平岡卓、冨田せな”

五輪現地取材の小倉智昭氏、嘆く「韓国では新聞、ほとんど売ってないから情報が分からない」。平岡卓、日本放送協会、井山裕太、愛媛県

1 :muffin ★:2018/02/12(月) 11:02:43.72 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/5SsUj19.png http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180212-OHT1T50137.html
2018年2月12日8時50分 スポーツ報知

 12日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月〜金曜・前8時)に小倉智昭キャスター(70)が平昌五輪開催中のフジテレビ五輪特別スタジオから出演。
現地での自身の“情弱(情報弱者)”ぶりを嘆く場面があった。

 この日の番組では開会式に乱入した赤い服の男など、五輪で頻発するトラブルを紹介。東京のスタジオから「小倉さん、どうですか? 現地でも騒がれてますか?」と聞くと、
小倉氏は「実は韓国の放送を見ていても、韓国語でちんぷんかんぷんなのよ。ほとんど、ネットで情報を得ています」とポツリ。

 「新聞もほとんど売ってなくて…。と言うのは、韓国の人はほとんどネットで情報を得ているから。ケーブルテレビのチャンネルも300以上あって、どこ見ていいか分からないんですよ」と嘆いていた。

続きを読む “五輪現地取材の小倉智昭氏、嘆く「韓国では新聞、ほとんど売ってないから情報が分からない」。平岡卓、日本放送協会、井山裕太、愛媛県”

ジャマイカチームから事実上のキャンセルを受ける。台湾、平岡卓、全北現代モータース、馬場ももこ

1 :マイナンバー ★:2018/02/13(火) 12:59:47.76 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/TOtdyW1.png https://www.zaikei.co.jp/files/general/201802130648414Te0a.jpg

 東京都大田区の町工場などが中心となって競技用そりを開発してきた「下町ボブスレー」プロジェクトにおいて、製品のそりを無償提供した相手先であるジャマイカ代表チームが、平昌冬季オリンピックにおいてこれを用いず、ラトビア製のものに「乗り換える」ことを明らかにした。

 無償提供といっても何の見返りもなしに提供されていたわけではなく、使用契約は結ばれており、提供した4台のそりについて、万一使用しない場合は開発費、輸送費などの4倍にあたる6,800万円を請求する取り決めがあったといい、現在、プロジェクトチームはこの損害賠償請求を実行に移すかどうか、検討中とのことである。

 ただし、当該の製品については、オリンピックの運営サイドからレギュレーション違反による使用禁止を2度に渡り命じられるなど、かなりの問題点があったようだ。ジャマイカチーム自身、そりの性能不足を再三指摘していたという。

 ちなみに乗り換え先であるラトビアについて見てみよう。ラトビアは、かつてソ連に属し、その後独立を遂げた北ヨーロッパのいわゆるバルト三国と呼ばれる諸国の一つである。ボブスレーについては伝統的に力を入れている国であり、そりの製造に関しても国際的に高い評価を集めている。

 一方の日本の「下町ボブスレー」であるが、かなり以前から鳴り物入りで、巨額の予算を投じられて進められてきたプロジェクトだ。2014年には『下町ボブスレー』の題でノンフィクションドラマになっており、書籍化もされている。

 ただ、巨額の資本の投入、大企業の参画、そして官製主導のプロジェクト形式が「下町の工場の持ち味」とはかみ合わないものだったのではないか、と指摘する向きも強いところではある。

 契約であるのならば損害賠償もやむを得ないかもしれないが、根本的な問題として、不良品とさえ言うべき製品を納入した側の責任は問われなくてよいということがあろうか。これ以上、恥の上塗りはするべきではないと言いたい。(藤沢文太)

財経新聞:https://www.zaikei.co.jp/article/20180213/425598.html

続きを読む “ジャマイカチームから事実上のキャンセルを受ける。台湾、平岡卓、全北現代モータース、馬場ももこ”