台湾に思いを寄せてくれた国、「日本」75・8% もともと親日的であるうえ、安倍首相のメッセージなどが高い評価に。ネイマール、第一生命保険、マルコス・アオアス・コレア、学習指導要領

1 :(^ェ^) ★:2018/02/12(月) 20:37:11.99 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7V9x888.png https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00050081-yom-int

 【台北=牧野田亨】台湾の民間調査研究機関は12日、東部・花蓮県を6日に襲った地震に関する世論調査結果を発表した。

 台湾に最も思いを寄せてくれた国を問う設問では「日本」との回答が75・8%に達し、一番高かった。次は中国だが、1・8%にとどまった。

 日本は安倍首相がフェイスブックで応援メッセージを手書きし、激励する動画を公表。外国として唯一、救助支援の専門家チームも派遣した。台湾メディアは、東日本大震災時に受けた台湾の支援に報いようと、日本で募金など支援の輪が広がっていることを報じている。もともと親日的であるうえ、こうした動きが高い評価につながったようだ。

 調査は9〜10日に電話で行い、約1000人から回答を得た。

続きを読む “台湾に思いを寄せてくれた国、「日本」75・8% もともと親日的であるうえ、安倍首相のメッセージなどが高い評価に。ネイマール、第一生命保険、マルコス・アオアス・コレア、学習指導要領”

ジャマイカチームから事実上のキャンセルを受ける。台湾、平岡卓、全北現代モータース、馬場ももこ

1 :マイナンバー ★:2018/02/13(火) 12:59:47.76 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/TOtdyW1.png https://www.zaikei.co.jp/files/general/201802130648414Te0a.jpg

 東京都大田区の町工場などが中心となって競技用そりを開発してきた「下町ボブスレー」プロジェクトにおいて、製品のそりを無償提供した相手先であるジャマイカ代表チームが、平昌冬季オリンピックにおいてこれを用いず、ラトビア製のものに「乗り換える」ことを明らかにした。

 無償提供といっても何の見返りもなしに提供されていたわけではなく、使用契約は結ばれており、提供した4台のそりについて、万一使用しない場合は開発費、輸送費などの4倍にあたる6,800万円を請求する取り決めがあったといい、現在、プロジェクトチームはこの損害賠償請求を実行に移すかどうか、検討中とのことである。

 ただし、当該の製品については、オリンピックの運営サイドからレギュレーション違反による使用禁止を2度に渡り命じられるなど、かなりの問題点があったようだ。ジャマイカチーム自身、そりの性能不足を再三指摘していたという。

 ちなみに乗り換え先であるラトビアについて見てみよう。ラトビアは、かつてソ連に属し、その後独立を遂げた北ヨーロッパのいわゆるバルト三国と呼ばれる諸国の一つである。ボブスレーについては伝統的に力を入れている国であり、そりの製造に関しても国際的に高い評価を集めている。

 一方の日本の「下町ボブスレー」であるが、かなり以前から鳴り物入りで、巨額の予算を投じられて進められてきたプロジェクトだ。2014年には『下町ボブスレー』の題でノンフィクションドラマになっており、書籍化もされている。

 ただ、巨額の資本の投入、大企業の参画、そして官製主導のプロジェクト形式が「下町の工場の持ち味」とはかみ合わないものだったのではないか、と指摘する向きも強いところではある。

 契約であるのならば損害賠償もやむを得ないかもしれないが、根本的な問題として、不良品とさえ言うべき製品を納入した側の責任は問われなくてよいということがあろうか。これ以上、恥の上塗りはするべきではないと言いたい。(藤沢文太)

財経新聞:https://www.zaikei.co.jp/article/20180213/425598.html

続きを読む “ジャマイカチームから事実上のキャンセルを受ける。台湾、平岡卓、全北現代モータース、馬場ももこ”

S&Bが炒めて5分の新感覚チューブタイプカレー「炒カレー」 急にカレー食べたい 1人前から対応可「264円(税別)」。台湾、上海上港集団足球倶楽部、柏市、日本

1 :納豆スパ ★ :2018/02/13(火) 04:52:43.66 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/DpIGu4Q.png カレーなのに煮込まない!? S&Bが炒めて5分の新感覚チューブタイプカレー「炒カレー」を本日12日(月)発売〜急にカレーが食べたくなっても1人前から対応できる

https://netatopi.jp/img/ntp/docs/1106/025/1_o.jpg
https://netatopi.jp/img/ntp/docs/1106/025/2_o.jpg
ネタとぴ [古川 敦][2018/2/12 10:05]
https://netatopi.jp/article/1106025.html

 エスビー食品が、「炒めて5分」「1人前からでもおいしく作れる」というチューブタイプの新しいカレー「炒(チャー)カレー 中辛」を2018年2月12日(月)に発売します。容量は160gで、希望小売価格は264円(税別)。

 チューブタイプの新カレーで、キャベツや豚肉などの身近な食材を使用して「炒めて5分」で一人前から作れ、「『今すぐカレーが食べたい!』という急なリクエストにも対応できる」としています。「豚肉」「キャベツ」「好みの野菜」を炒め、一旦火を止めて、水(大さじ2)と炒カレーペースト(大さじ1と1/2)を加え、再加熱してできあがりです。

 エスビー食品のこだわりのカレー粉をベースに、「クミン」「コリアンダー」などの香りを効かせ何度も食べたくなる味わいに仕上げたとのこと。チューブにも二重構造で中身(素材)が空気に触れにくい、「おいしさ長持ちチューブ」を採用することで開封後も素材のおいしさが長持ちする仕様で、賞味期間は12カ月(開封前)。

 同社では「世帯構造や調理意識の変化によって生じた、『少量を作りたいときに作れない』『煮込みが面倒』などの固形ルウへの不満点を、使い勝手の良い新チューブカレー調味料が解決する」としています。

 エネルギーは1皿分(23g)あたり59kcal。原材料は砂糖(国内製造)、食塩、ショートニング(なたね油)、デキストリン、カレー粉、クミン、コリアンダー、焙煎香辛料ペースト、ブラックペッパー、たん白加水分解物(ゼラチン)、ガーリック、(一部にゼラチンを含む)/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、乳化剤、増粘剤(キサンタン)、酸味料、香辛料抽出物、香料、酸化防止剤(ビタミンE)。

ニュースリリース(PDF)
http://www.sbfoods.co.jp/company/newsrelease/2018/pdf/1801_chacurry.pdf
炒(チャー)カレー 中辛
http://www.sbfoods.co.jp/products/catalog/products_detail.php?GDSCODE=15758

関連
【レトルト】大塚食品「ボンカレー50周年の戦略 コラボ企画を積極的に推進 3月5日「ボンカレー50(230円」発売
https://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518356938/

続きを読む “S&Bが炒めて5分の新感覚チューブタイプカレー「炒カレー」 急にカレー食べたい 1人前から対応可「264円(税別)」。台湾、上海上港集団足球倶楽部、柏市、日本”

日本人が台湾の被災地で博多ラーメン200食提供 現地は感激の嵐。栃ノ心 剛、2018年平昌オリンピック冬季競技大会、シカゴ・カブス、白鵬翔

1 :ばーど ★:2018/02/10(土) 23:35:04.35 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/MFjZl9C.png 台湾東部・花蓮県で発生した地震で、ある日本人が2月9日、被災者や懸命な捜索活動を続ける消防隊員らのために、200食のラーメンを無料で振る舞った。「地震の怖さをよく知っているから、できることを」と車に材料を積んで、現地に駆けつけ、その場で調理。できたての1杯で被災者らの心を温めた。【BuzzFeed Japan / 瀬谷 健介】

ラーメンを提供したのは、台南市に暮らす野崎孝男さん。

台南市の外交顧問で、ラーメン店「Mr.拉麺(ミスター・ラーメン)」を経営している日本人だ。
.
地震が起きたと知った野崎さんは、台湾人のスタッフと2人で麺やスープ、チャーシューなどの材料を積み込んで現地に向かった。

被害の大きい花蓮市内に着くと、その場でラーメンを作った。

被災地では、生死をわけるとされる「72時間の壁」が刻一刻と近づいていた。消防隊員や看護師ら医療スタッフなどの疲労はピークだった。

そんな彼らが行列を作り、笑みをこぼした。野崎さんは一人ひとりに「お疲れ様、頑張って」と声をかけて、ラーメンを手渡した。
.
野崎さんは台湾で暮らして約10年。2016年2月に台湾南部で起きた大規模な地震の被災者だ。

その経験から考えに変化があったと野崎さんは話す。

「3日間、倒れたビルの近くで私もお手伝いをしましたが、寒い中、台南市の皆さんらの頑張りに感動しました。だから、自分もできることをやろうとあの時からさらに思うようになったんです」

当時、台南市内のビルに住んでおり、立っていられないほど揺れた。地震の怖さは「よく知っている」。

「怖い思いをされたみなさんに温かいラーメンで少しでもリラックスしてもらえれば、と思ってラーメンを持ってきました。温かいものを食べると幸せな気持ちになれるので」
.
特注した麺を使った自慢の博多ラーメン。食べた男性は「温かくて美味しい。食べると元気になる。いいね!」と親指を立てた。

野崎さんは台湾の人たちに向け、こうメッセージを送った。

「私も個人の立場でできることを一生懸命やっています。地震は非常に悲しい出来事ですが、日本人、日本は台湾を応援していますので、ぜひ台湾の皆さん頑張ってください。台湾加油(ジャーヨ、中国語で頑張れ)」

「72時間の壁」を過ぎた10日、共同通信によると、今回の地震の死者は14人、負傷者は280人になった。

https://lpt.c.yimg.jp/im_sigg7Nug0skFuo8kfV6yw4W9Zw—x900-y504-q90-exp3h-pril/amd/20180210-00010004-bfj-000-view.jpg
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggdp2GB8WbM8x5lcfqvnl_2Q—x900-y534-q90-exp3h-pril/amd/20180210-00010004-bfj-001-view.jpg
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggtghOB0QduwLmZFhRTsQPyg—x900-y518-q90-exp3h-pril/amd/20180210-00010004-bfj-002-view.jpg
https://lpt.c.yimg.jp/im_siggwv0kwTF_4yi8.cYU69sEDA—x900-y535-q90-exp3h-pril/amd/20180210-00010004-bfj-003-view.jpg

2/10(土) 17:24
BuzzFeed Japan
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180210-00010004-bfj-int

続きを読む “日本人が台湾の被災地で博多ラーメン200食提供 現地は感激の嵐。栃ノ心 剛、2018年平昌オリンピック冬季競技大会、シカゴ・カブス、白鵬翔”

学校給食 くじら料理「大きなもの食べて邪気払う」 児童、クジラの竜田揚げをほおばる/下関、長門。全国高等学校野球選手権大会、フジテレビジョン、日本、台湾

1 :ばーど ★:2018/02/04(日) 19:50:51.43 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/FYwNRcK.png クジラの竜田揚げをほおばる児童
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/02/03/20180203dd0phj000161000p/9.jpg

節分(3日)を前に下関、長門両市で2日、「学校給食・くじら交流の日」があり、小中学校などで給食にクジラ料理が出された。同地域では節分に「大きなものを食べて邪気を払う」としてクジラを食べる風習があり、捕鯨や伝統的な食文化を次世代に引き継ぐ目的で2012年度から始まり、今年で6回目となった。

下関市では市内の全公立小中学校と幼稚園2園でクジラ給食があり、上新地町の市立桜山小(田中俊光校長、222人)では5年生が市立大付属地域共創センターの岸本充弘研究員からクジラ… 残り350文字(全文582文字)

毎日新聞2018年2月3日 地方版
※全文は会員登録をしてお読みいただけます
https://mainichi.jp/articles/20180203/ddl/k35/100/560000c

関連スレ
【山口】くじらの食文化給食で学ぶ 「食感がよく、おいしかったです」 おかわりする子も/下関、長門
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517572157/

続きを読む “学校給食 くじら料理「大きなもの食べて邪気払う」 児童、クジラの竜田揚げをほおばる/下関、長門。全国高等学校野球選手権大会、フジテレビジョン、日本、台湾”

三村マサカズ、体鍛える芸人に持論「要らないかな」。千家 典子、台湾、クイズ!ヘキサゴンII、マグニチュード

1 :あちゃこ ★:2018/02/06(火) 14:15:15.51 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ic3ZZka.png  さまぁ〜ずの三村マサカズ(50)が、お笑い芸人が体を鍛えることについて自身の考えを明かした。

 三村は6日、ツイッターを更新。後輩のお笑いコンビ、品川庄司に対し、「つまんない。。。。もっとミットもなくなれるよ。。。
期待してるよー! まだまだつまんない」と厳しくも愛のある言葉を投げかけ、さらに品川祐に「お前の才能の、すごさよりは、
かわいさなんだよ」と指摘。「もっと教えてやるから!あと、3年待て」とツイートした。

 品川庄司の2人も“筋肉芸人”として知られるが、昨今は体を鍛えるマッチョな芸人たちが増えている。三村はそうした風潮に言及。
芸人が体を鍛えること自体は「自己防衛ということですから、何も言わない」としたが、「でもね。それに適してない人生を
送っている人もいます。私は後者です。だからこそ、言いたいことは、余裕。は、笑いにとっては要らないかな。心配も要らないのだけれど、
気合で、ギリギリが面白いのでは」と持論をつづった。

日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00118464-nksports-ent

続きを読む “三村マサカズ、体鍛える芸人に持論「要らないかな」。千家 典子、台湾、クイズ!ヘキサゴンII、マグニチュード”

有名作も多数 “ボキャ天芸人”金谷ヒデユキは売れっ子声優に(日刊ゲンダイ)。団長安田、ファルコンヘビー、明日に架ける橋、台湾

1 :渋柿の木 ★:2018/02/05(月) 11:11:59.61 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/fmQDQbe.png 90年代に人気を博したバラエティー番組「ボキャブラ天国」で、“地獄のスナフキン”の愛称で親しまれたギター芸人・金谷ヒデユキさん(52)。
爆笑問題やネプチューン、海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー)など多くの人気芸人を輩出した同番組で、歯に衣着せぬ毒舌替え歌で笑いを誘った。
さて、今どうしているのか。

■声優としてのキャリアは12年

金谷さんに会ったのは東京・新宿の喫茶室ルノアール。
マネジャーも誰も伴わず、トレードマークの帽子をかぶって、フラリと一人でやって来た。取材中も終始ニコニコ、笑顔を絶やさない。
「声優の仕事は事務所を通してます。お笑いや映画、歌の活動は直接やりとりしたほうが早いので、事務所に許可をもらって個人でやってるんです。
テレビの出演依頼も、ディレクターさんの連絡先を聞いて直接話してます」

現在は「お笑い」「音楽」「声優」の3つの仕事を掛け持ち中。
お笑いは一時封印していたが、2016年冬に漫才協会へ入会し、活動を再開した。

「舞台に上がり始めたのは昨年のお正月からです。今でもギター芸をやらせてもらってますよ」
声優業は、05年に人気ゲームシリーズ「龍が如く」に出演したのを機に、
アニメ「けいおん!!」や「きかんしゃトーマス」といった有名作にも出演する人気ぶり。
昨年出演した「笑ゥせぇるすまんNEW」では、鉄道オタクのサラリーマン・加米良鉄也を演じ、「声優生命をかけました」と明かす。
「喪黒福造に『ドーン!!』をされてダメになっちゃうシーンでは、大声を出しすぎてのどが壊れちゃいました。
その後のセリフは声がボロボロで。うるさいので、放送では音量を絞られちゃいました」

声優としてのキャリアを12年積み重ね、いまやベテランの域に。オーディションで勝ち取る仕事も少なくないが、
「いまだに芸能人枠だと思われることがあります」と、こう漏らす。
「やっぱり、偏見はありますね。それはしょうがないです。良くも悪くも、何も言われないよりは言われた方がいいと思ってますから。平気です」

■稼ぎは当時とそんなに変わらない

さて、群馬県安中市出身の金谷さんは、高校卒業後にお笑い芸人を目指す。しかし、右も左も分からず、イチかバチか新人コント大会に挑戦。
「左右の脇毛を赤白に塗り分け、昭和の歌番組『紅白歌のベストテン』のオープニング曲
“真っ赤な太陽に〜、ぽっかり白い雲〜”っていう歌に合わせて脇を振ったら、ドスベリしました。ハハハ」
芸に危機感を覚え、実家にしまっていた2万円のモーリスのギターを引っ張り出し、歌ネタを考え始めた。
「中学時代にFのコードが押さえられなくて諦めたんですけど、押さえやすいコードを見つけて『いける!』ってなりまして。
まともに弾けないうちから、音を出してオリジナル曲を作ったりしました」

歌ネタを武器に、20代後半からテレビに出始め、90年代に「ボキャブラ天国」に出演して脚光を浴びるようになった。
ボキャブラ時代は「月収200万円、年収およそ2000万円」とテレビで告白していた金谷さん。
「成功してない」と謙遜しながらも、現在の稼ぎは「そんなに変わらない」という。

 一発屋芸人も多い中、長く活躍する秘訣は?

「お笑いを捨てて音楽に専念した時、ぶっちゃけ失敗しました。そこで『声優をやらないか』って誘われて今に至ってます。
結局、人の求めに応えるのが自分はうれしいんだなと最近思っていて、何かお願いされたら、なるべく断らずに『いいよ、やるよ』っていうスタンスを取ってます」

 今後の目標は?

「最近は世間のムードが暗いから、それを何とかブチ壊したいという思いは強いです。だから、とにかくふざけたいですね、ハハハ!」

日刊ゲンダイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000002-nkgendai-ent

続きを読む “有名作も多数 “ボキャ天芸人”金谷ヒデユキは売れっ子声優に(日刊ゲンダイ)。団長安田、ファルコンヘビー、明日に架ける橋、台湾”

名古屋で7年連続1位のキャバ嬢、過去最高の売上額は「2日で1億円」 MAX月収は6800万円。台湾、ミツウロコグループホールディングス、スペースX、ニューヨーク

1 :ストラト ★:2018/02/03(土) 21:08:49.96 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/C4sl01D.png 1日深夜放送の「じっくり聞いタロウ」(テレビ東京系)に名古屋市の伝説キャバ嬢、“エンリケ”こと、小川えりさん(30)が出演。
「2日で1億円を売り上げた」など、桁違いの“武勇伝”を紹介して番組を盛り上げた。

この日の番組は「今、儲かっている人SP」。
キャバクラ界における小川さんはとにかく有名で、名前は全国区。
この日のサブMCとして出演した新宿・歌舞伎町のカリスマキャバ嬢、愛沢えみりさん(29)も「1年前くらいにインスタグラムを見て『すごいバブルなキャバ嬢がいる』と思ってお店に会いに行ったんです」というほどだ。

売上額も桁違いで、過去最高は2日で1億円。
MCの名倉潤(49)は「今までで最高額じゃない?」と舌を巻いた。
誕生日と前夜祭で1億円を売り上げ、シャンパンタワーを7基建てて、その総額が5322万円。
さらにタワー以外の売り上げが5000万円を超え、総額で1億円を突破した。

「飲まないですよ。お飾りで。乾杯する間もないんですよ。1席40秒しか着けないので。(タワーにシャンパンを)流して、写真撮って、終了」と小川さん。
名倉は思わず「シャンパンタワー建てたら祭りみたいに近所に配ったったらいいのに。おっさん、おばさんも『よっしゃー』って飲むで!」とツッコんだ。

誕生日があった月収は「6800万円ぐらい」とあっけらかん。
金額を発表しながらストローに口を付けると、MCの河本準一(42)は思わず「飲むタイミングちゃうって!」とツッコみ、スタジオの笑いを誘った。

給与体系は意外だが時給制。
名古屋市では時給制のキャバクラ嬢が多く、小川さんは時給は6万円で働いているという。
1日に5時間半働けばその日の収入は33万円。
週に6日出勤すれば、月の稼ぎは890万円だ。
それに同伴や誕生日などの臨時ボーナスがついて年収はおよそ1億5000万円と番組は試算した。

気になる枕営業に関しては「まったくないんですよ、本当に。神に誓って言えます」とキッパリ否定。
ボディータッチもしない主義で、営業メールもまったくせず、「一切連絡とらないです」と言い切った。
主な客層は「お医者さんとか、自動車関係とか…」で年齢は高め。
名古屋市という土地柄、自動車関連の会社に勤務する年配の富裕層が極太客となっている。

小川さんは若いキャバ嬢のノリではなく、落ち着いた雰囲気で接客するよう心掛けており、売上は名古屋市で7年連続1位。
これだけ有名になると客は名古屋市内からだけではなく、「女の子のお客さんも多くて、全国から毎日(会いに来る)」(小川さん)。
この現象に名倉も「こんだけ有名やと、(接客を)勉強しにいきたいよね」と納得。
実際、歌舞伎町の愛沢さんをはじめ、全国各地のナンバーワンキャバ嬢たちが接客の参考にしようと小川さんのもとを訪れているのだという。

ちなみに現在彼氏はおらず、「年齢は45歳くらいまで。年下は嫌」とコメントした。

http://news.livedoor.com/article/detail/14251154/

「じっくり聞いタロウ」 “エンリケ”こと小川えりさん
http://pbs.twimg.com/media/DU9dasAU8AAKq5l.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DU9dar9UMAAarHa.jpg
http://pbs.twimg.com/media/DU9dasCV4AAAMHz.jpg

続きを読む “名古屋で7年連続1位のキャバ嬢、過去最高の売上額は「2日で1億円」 MAX月収は6800万円。台湾、ミツウロコグループホールディングス、スペースX、ニューヨーク”

「独学」できる人しか生き残れない時代になった。マグニチュード、日本、台湾、イーロン・マスク

1 :ノチラ ★:2017/11/18(土) 01:25:02.06 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/OiRdazn.png 今、「独学」が必要な四つの理由
私は、「独学の技術」がこれほどまでに求められている時代はない、と考えています。理由は大きく四つあります。キーワードでそれぞれを挙げれば「知識の不良資産化」「産業蒸発の時代」「人生三毛作」「クロスオーバー人材」ということになります。順に説明していきましょう。

(1)「知識の不良資産化」──学校で学んだ知識は急速に時代遅れになる

 まず一つ目が「知識の不良資産化」です。これは、わかりやすく言えば、学んだ知識が富を生み出す期間がどんどん短くなってきている、ということです。

 たとえば、ビジネススクールで教えているマーケティングについて考えてみるとわかりやすい。ほんの10年程度前まで、ビジネススクールで教えているのはフィリップ・コトラーを始祖とする古典的なマーケティングのフレームワークでした。

 つまり、市場を分析して、セグメントに分け、ターゲットとなる層に合わせてポジショニングを決め、4Pを確定するというアプローチです。

 私自身も30代の半ばからビジネススクールでマーケティングを教える教員をやっていた時期がありますが、基本的に依拠していたのはこういった「お決まり」の枠組みでした。

 ところがご存じの通り、こういったフレームワークは今日、ものすごい勢いで時代遅れになりつつあります。

 昔であれば、一度学校に通って習い覚えた知識は、プロフェッショナルの知的生産を生涯にわたって支える大きな武器になったわけですが、こういった知識のおいしい時期、いわば「旬」が、どんどん短くなっているわけです。

 このような世の中にあっては、自分が過去に学んだ知識をどんどん償却しながら、新しい知識を仕入れていくことが必要になります。そのような時代において、「独学の技術」が重要性を増すであろうことは、容易にご理解いただけることと思います。

(2)「産業蒸発の時代」──イノベーションはいまの仕組みを根底から覆す

 二つ目が「産業蒸発の時代」です。今日、多くの産業・企業において「イノベーション」が最重要な課題として挙げられています。これはこれでよく知られている話なので、いまさら改めて指摘するまでもないのですが、では多くの企業が目標としてイノベーションを掲げると、どういうことが起こるのかという点についてはあまり語られることがありません。その当然の帰結が、多くの領域で発生するであろう「産業の蒸発」という事態です。

 どういうことか、説明しましょう。イノベーションというのは、それまでの価値提供の仕組みを根底から覆すような変革を指します。これはつまり、イノベーションの発生以前にビジネスを行っていた企業が、その領域でのビジネスを根こそぎに奪われ、いわば蒸発して消滅するような事態が発生することを意味します。

 したがって、多くの領域でイノベーションが加速すれば、それはとりもなおさずイノベーションを成し遂げられなかった企業や事業の蒸発が大量に発生することになります。

 典型例がアップルによるスマートフォン市場への参入です。アップルが最初のスマートフォンであるiPhoneというイノベーションを成し遂げ、携帯電話市場へ参入したのは2007年のことですが、その時点では国内携帯電話市場のメーカー別シェアは図1のようになっていました。
http://dol.ismcdn.jp/mwimgs/f/e/670m/img_fea329a2942f2edccfe09337a9883bf030600.jpg

ご存じの通り、たった数年後にはこのうちのほぼ半分をアップルが奪うことになり、シャープ、富士通は大幅にシェアを下落させ、パナソニック、東芝、NECに至っては携帯電話市場からの撤退を余儀なくされることになりました。

 当時の携帯電話端末の市場は末端価格換算で3〜4兆円にもなる巨大な市場です。このような巨大な市場において、いわゆるガラケーからスマートフォンへの急激なシフトが発生した結果、ガラケーという巨大な産業はたった数年のあいだに、いわば「蒸発」してしまったわけです。

 イノベーションの実現によって、さまざまな領域でこのように急激な産業構造の変化が引き起こされることを考えれば、そこに携わる多くの人々は、望むか望まないかにかかわらず、自分の専門領域やキャリアドメインを変更していくことを余儀なくされます。

 この際、「独学の技術」を身につけている人とそうでない人のあいだで、どれだけスムーズにキャリアをトランジットできるか、シフトできるかという点で大きな差が生まれるでしょう。
以下ソース
http://diamond.jp/articles/-/148470

続きを読む “「独学」できる人しか生き残れない時代になった。マグニチュード、日本、台湾、イーロン・マスク”