藤波辰爾、ボブ・バックランドとタッグ結成 他にも長州、船木、藤原、越中、ザ・コブラなど往年の名レスラー集結。リーガ・エスパニョーラ、羽生善治、スペイン、ニューヨーク

1 :シャチ ★ :2018/02/15(木) 17:04:28.20 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/AFVEBIP.png プロレス界のレジェンド、藤波辰爾(64)が主宰する「ドラディション」は26日、都内で会見を行い、4月20日、後楽園ホールと
同21日に大阪・南港ATCホールで開催する「バック・トゥー・ザ・ニューヨーク」の全対戦カードを発表した。

 今回のツアーは、“ニューヨークの帝王”ボブ・バックランド(67)が参戦。後楽園のメインでは藤波とバックランド、
長州力(66)がトリオを結成し、TAJIRI(47)、新崎人生(51)、KENSO(43)と対戦する。大阪は、藤波、
長州に船木誠勝(48)が組み、バックランド、藤原喜明(68)、ヒロ斉藤(56)と激突する。

 後楽園でバックランドとタッグを結成する藤波は「東京では、ボクとバックランドと長州が並び立つことになりました。
これは長年、自分を見てくれたファン、プロレスに思いのあるファンに見て欲しい」と明かした。バックランドとのタッグ結成は、
01年10月の新日本の東京ドーム大会でザ・ファンクスと対戦して以来、17年ぶりとなる。対戦相手も
「バック・トゥー・ザ・ニューヨーク」のタイトルにちなみ、TAJIRI、新崎人生、KENSOとかつてWWE参戦経験のある豪華トリオと激突する。

 大阪では、一転、長州、船木とトリオを組みバックランドと対戦する。船木とバックランドは、新生UWF時代の89年5月21日、
東京ベイNKホールで一騎打ちを行ったが、船木の腕ひしぎ逆十字をバックランドがリフトアップし、コーナーに上がったところ、
船木が、そのままミサイルキックで反則負けになった因縁がある。両者の対決は、この時以来、29年ぶりとなる。
藤波は「その試合をボク自身は見ていないが、そういうシーンがあったことは聞いています。そういう意味で
船木がバックランドと遭遇するのもいい」と期待していた。

 また、藤波自身、とバックランドとは84年8月31日に神奈川・南足柄体育館での一騎打ちで藤波が長時間に
渡りキーロックを決め続け、実況した古舘伊知郎アナウンサーが「長すぎたショートアームシザーズ」と評した。
「彼の腕を集中的に攻めたんだけど、長くなってしまった。あの試合で彼がボクを肩の上に抱え上た時、
彼の腕力はびっくりした。今回、彼がそういう状況にもっていけるのか。いずれにしてもショートアームシザーズを狙っていきます」と予告していた。

 バックランドは現在、レスリングのコーチなどを務めておりコンデイションは好調だという。先日、本人に電話で話した時に
「一番、先に彼が聞いてきたことは練習できるところを探してくれ、と言ってきた。こういうマジメさは全盛期とまったく同じ。
ボクも身構えてかからないと危ないと思っています」と引き締めていた。

 今年は、78年1月23日にマジソンでWWWFジュニアヘビー級王座を獲得してから40年。
「今でもあのマジソンの大舞台のリングに上がった感覚は今でも覚えています。
アメリカンドリームを実現させてもらった場所です。そういう意味で記念になる試合を見せたい」と藤波は意気込んでいた。

スポーツ報知 
>>2以降に続く
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000134-sph-fight

続きを読む “藤波辰爾、ボブ・バックランドとタッグ結成 他にも長州、船木、藤原、越中、ザ・コブラなど往年の名レスラー集結。リーガ・エスパニョーラ、羽生善治、スペイン、ニューヨーク”

蝶野がリング復帰、T2000再集結で武藤組を撃破[18/02/16]。ハビエル・フェルナンデス、宇野昌磨、安藤美姫、ショートプログラム

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/02/16(金) 22:26:22.79 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/wPGtzX7.png 蝶野がリング復帰、T2000再集結で武藤組を撃破
2018年2月16日22時15分 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/battle/news/201802160000823.html

再結成したTEAM2000。左から天山、ヒロ斉藤、蝶野、スーパーJ、AKIRA(撮影・中島郁夫)
https://www.nikkansports.com/battle/news/img/201802160000823-w500_0.jpg

武藤(下)にイス攻撃する蝶野(撮影・中島郁夫
https://www.nikkansports.com/battle/news/img/201802160000823-w500_1.jp

武藤(右)と対峙する蝶野(撮影・中島郁夫)

<プロレスリングマスターズ:後楽園大会>◇16日◇後楽園ホール

黒のカリスマ、蝶野正洋(54)がリング復帰を果たした。

メインの8人タッグで、蝶野率いるチーム2000と、武藤敬司(55)率いる、長州力、藤波辰爾、獣神サンダーライガー組が対決。セコンドとして登場した蝶野は「みんな年取ってんだこらー! チーム2000こそが、新日本プロレスを支えた。今日の主役はチーム2000だ」と超満員の会場に向かって吠えた。

試合になると、場外でライガーにパイプイス攻撃。終盤は、エプロンサイドとリング内で、武藤にケンカキックと、全盛期をほうふつさせる動きで会場を沸かせ、天山の勝利をアシストした。試合後、蝶野は「おい、武藤。マスターズはお荷物だよ。こんなつまらないプロレス辞めろ」と武藤を挑発。インタビュールームでは「オレもこういう大会がいいのか悪いのか、はっきり判断ついていない。今日のような4対4の8人タッグは、チームの力がすべて。歴代のチームの中でもチームワークで1番のチームが決めた役割を果たした試合を見せられた」と満足そうに振り返った。久々にタッグを組んだ天山には「もう1回やるとしたら、ボスにリングに上がってほしい」と本格復帰を促されていた。

一方、敗れた武藤は「(蝶野の)蹴りは効いた。あの一発の蹴りは、離れ離れになった憎しみのすべてがこもっていた一撃だった」と悔しそうに話した。怒りが収まらない長州からは「蝶野がリングに上がるときに声をかけてくれ」と再戦を求められた。
https://www.nikkansports.com/battle/news/img/201802160000823-w500_2.jpg

続きを読む “蝶野がリング復帰、T2000再集結で武藤組を撃破[18/02/16]。ハビエル・フェルナンデス、宇野昌磨、安藤美姫、ショートプログラム”

チケットは#!、蝶野、欠場小島聡に代わる「ミスターX」当日発表 2・16「PRO—WRESTLING MASTERS」[18/02/12]

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/02/12(月) 20:19:16.60 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/11CDlZU.png 蝶野、欠場小島聡に代わる「ミスターX」当日発表 2・16「PRO—WRESTLING MASTERS」
2018年2月12日20時11分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/fight/20180212-OHT1T50275.html

蝶野正洋

プロレスラー・蝶野正洋(54)が12日、武藤敬司(55)がプロデュースする「PRO—WRESTLING MASTERS」(16日、後楽園ホール)へ謎のミスターXを送り込むことを宣言した。

蝶野は、同大会のメインイベント「プロレスリング・マスターズvsTEAM2000スペシャル8人タッグマッチ」で武藤、藤波辰爾、長州力、獣神サンダーライガーと対戦する天山広吉、小島聡、ヒロ斎藤、AKIRA with蝶野正洋として参戦する予定だった。しかし、小島が先月の試合で左ひざ前十字靱帯断裂の重傷を負い欠場となりこの日、代替選手への方針を示した。

蝶野は「オイッ、プロレスリング・マターズ!よく聞け小島聡欠場?代わりのメンバは誰か。TEAM2000の絆を甘くみるな」と突きつけた上で「TEAM2000はワールドワイドで世界に今でもネットワークがある。そして絆で固く結ばれている。いいか、2月16日後楽園ホールのリング上から俺がミスターXを呼び込む!楽しみに待ってろ、カッデム」と断言した。当日のリング上で蝶野自らが「ミスターX」を呼び寄せることを予告した。

この蝶野の発言を受け、プロレスリング・マターズ実行委員会は緊急協議を行い、TEAM2000サイドを「天山広吉&ヒロ斎藤&AKIRA& X with 蝶野正洋」組とし大会当日に代替選手を蝶野がリング上から呼び込むことを了承した。
http://www.hochi.co.jp/photo/20180212/20180212-OHT1I50158-L.jpg

続きを読む “チケットは#!、蝶野、欠場小島聡に代わる「ミスターX」当日発表 2・16「PRO—WRESTLING MASTERS」[18/02/12]”

藤波、長州、ライガー、天山、ヒロ斉藤、蝶野らが出場予定 武藤敬司プロデュース、2・16後楽園ホール大会の前売り完売。坂口杏里、miwa、畑健二郎、白河市

1 :シャチ ★ :2018/02/07(水) 10:57:36.59 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/AFVEBIP.png プロレスラー、武藤敬司(55)がプロデュースし、2月16日に後楽園ホールで行われる「PRO—WRESTLING 
MASTERS」の前売り券が完売したことが7日までに分かった。同大会では当日に若干枚数の立ち見券(2500円)を発売することを決定した。

 同大会のメインイベントは、「プロレスリング・マスターズvsTEAM2000スペシャル8人タッグマッチ」で武藤、
藤波辰爾、長州力、獣神サンダーライガー組に天山広吉、ヒロ斎藤、AKIRA with蝶野正洋が激突。
T2000は当初、小島聡が出場予定だったが、左膝前十字じん帯断裂で欠場。代替選手は、決定次第、発表される。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000034-sph-fight

続きを読む “藤波、長州、ライガー、天山、ヒロ斉藤、蝶野らが出場予定 武藤敬司プロデュース、2・16後楽園ホール大会の前売り完売。坂口杏里、miwa、畑健二郎、白河市”

新日本・SANADAがオカダの2冠阻止「せいぜいいろんな雨を降らせてくれ」[18/02/07]。GLAY、クロちゃん、ヴァンパイア・ウィークエンド、四日市市

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/02/07(水) 00:07:51.95 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/bhQgyjk.png 新日本・SANADAがオカダの2冠阻止「せいぜいいろんな雨を降らせてくれ」
2/7(水) 0:00配信 デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/ring/2018/02/07/0010963901.shtml
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000000-dal-fight

初防衛を果たしたSANADA(右)とEVIL組
https://daily.c.yimg.jp/ring/2018/02/07/Images/f_10963902.jpg

後藤洋央紀(中)に合体技を決めるSANADA(右)とEVIL
https://daily.c.yimg.jp/ring/2018/02/07/Images/f_10963903.jpg

オカダ・カズチカ(右)にレインメーカーを決めるSANADA

「プロレス・新日本」(6日、後楽園ホール)

IWGPタッグ王者のEVIL、SANADA組がIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ、NEVER無差別級王者・後藤洋央紀組の挑戦を退け、初防衛に成功した。

SANADAがオカダ、EVILが後藤に挑戦する10日のエディオンアリーナ大阪大会のダブル前哨戦で、オカダにとっては藤波辰爾、長州力、橋本真也、佐々木健介に続く21年ぶりのタッグとのIWGP2冠がかかった一戦。ゴングが鳴ると王者組が後藤を長時間捕らえるなど、優位に試合を進める。

終盤はEVILと後藤の一騎打ちとなり、カットに入ったオカダを、SANADAがオカダのお株を奪うレインメーカーで排除。最後は後藤に合体技マジックキラー、EVILがEVILをたたみ掛けて葬り去った。

 試合後、マイクを持ったSANADAはオカダに向かって「大阪でそのIWGPのベルト獲ってやるよ。せいぜい大阪までいろんな雨を降らせてくれよ」と挑発を交え、王座奪取を宣言。敗れたオカダは「タッグチャンピオンとしては認めてやる。強えよ。インターコンチとヘビーのチャンピオンが勝てなかったんだからな」と敗北を受け入れながらも、「2冠王はお預けにしとくよ。やることなくなっちゃうんでうね。久しぶりだよ、レインメーカーやられたのは。覚えとけよ。オレはレインメーカーだけじゃねえ。何だってできる」と本番での雪辱を誓った。
https://daily.c.yimg.jp/ring/2018/02/07/Images/f_10963904.jpg

続きを読む “新日本・SANADAがオカダの2冠阻止「せいぜいいろんな雨を降らせてくれ」[18/02/07]。GLAY、クロちゃん、ヴァンパイア・ウィークエンド、四日市市”

藤波辰爾「ボブ・バックランドは城に例えると姫路城」 4/20、21のドラディション参戦に向け。横綱審議委員会、水道、草津町、EXILE

1 :きのこ記者φ ★ :2018/01/27(土) 18:28:18.36 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/v77BKWr.png “炎の飛龍”藤波辰爾(64)が26日、ドラディションの4月20日後楽園ホール大会と
同21日大阪南港ATCホール大会にかつてのライバルで“ニューヨークの帝王”ことボブ・バックランド(68)が参戦すると発表した。

藤波とバックランドは2015年のWWE殿堂入りセレモニーで再会。
「向こう(米国)で会って、思い出話に花が咲いた。その時に機会があったら、また(試合を)やろうという話になったんですよ。
それが今回につながった」と明かした藤波は
「彼とはタッグも組んだし、戦ったこともある。タイムスリップできるような頑張りを見せたい」と意気込んだ。

また、3月に1泊2日の「藤波辰爾と行く城巡りツアー」を開催するほどの城マニアとあって
「彼は城に例えると姫路城ですね。国宝で、力強くて」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180127-00000014-tospoweb-fight
https://amd.c.yimg.jp/amd/20180127-00000014-tospoweb-000-1-view.jpg

続きを読む “藤波辰爾「ボブ・バックランドは城に例えると姫路城」 4/20、21のドラディション参戦に向け。横綱審議委員会、水道、草津町、EXILE”