森三中・黒沢“朝食”知らなかった少女時代 母親の言い分はまさかの…。日本、キム・ボルム、チームパシュート、東京パラリンピック

1 :湛然 ★:2018/02/21(水) 05:25:44.44 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/SmQSGUT.png [ 2018年2月20日 11:41 ]

森三中・黒沢“朝食”知らなかった少女時代 母親の言い分はまさかの…

 お笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこ(39)が19日放送のテレビ朝日系「激レアさんを連れてきた。」(月曜後11・25)に出演。中学生になるまで「朝ごはん」という概念を知らなかったと明かし、周囲を驚かせた。

 両親はコーヒー1杯、自身は乳酸菌飲料を1本を飲むだけだったという黒沢家の朝。朝食について「周りとそういうことを話してこなかったので、みんなも同じ(朝ごはんはない)だと思っていた」という。中学に入り、午前中から空腹を感じるようになったが、「“お腹が空いた”とは恥ずかしくて言えなかった。給食までは、机やいすをずらして音を出して、お腹が鳴るのをごまかしていた」と振り返った。

 しかし、いよいよ空腹のつらさに耐えきれなくなり、友人に「お腹空かない?」と、これまで封印してきた言葉を解禁。その際、友人から「朝ごはんを食べてきたから空かない」と返されたことで、初めて“あさごはん”という言葉を知ったのだという。

 これを機にクラス内は「朝食を知らない黒沢の話」で持ちきりになったとか。そこで、黒沢は母親に意を決して「朝ごはんが食べたい」と打ち明けたところ、母親の答えは「バレた(笑)?」。乳酸菌飲料1本だけだった朝だったが、翌日からおにぎり1個が加わったとし、黒沢は「初めてお米のパワーを知った。米ってすごいなって思った」としみじみ話して、共演者たちを笑わせた。

お笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこPhoto By スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/20/jpeg/20180220s00041000131000p_view.jpg
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/20/kiji/20180220s00041000132000c.html

続きを読む “森三中・黒沢“朝食”知らなかった少女時代 母親の言い分はまさかの…。日本、キム・ボルム、チームパシュート、東京パラリンピック”

五輪の裏でフジテレビ視聴率2%の大コケ、がっかりヾ(⌒▽⌒)ゞ

1 :Rappy ★:2018/02/16(金) 18:59:13.38 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/YyfWopd.png オリンピック放送で裏番組が大コケ!“五輪砲” にやられた番組は立ち直れるのか

 2月9日に開会式が行われ、連日盛り上がりをみせる平昌五輪。

 テレビでも各局が生中継や特番を組んで放送しているが、そのぶんあおりを食う裏番組が、どうしても出てきてしまう。

 たとえば12日。高木美帆が銀メダルを獲得したスピードスケート女子1500メートルと、高梨沙羅が銅メダルを獲得したジャンプ女子個人ノーマルヒル
の生中継が、並行して放送されていた。しかも、2選手のメダル獲得の瞬間は、ほぼ同時刻のこと。日本中が大いに盛り上がった。

 裏番組にあたる月9ドラマ『海月姫』(フジテレビ系)第5話の視聴率は5.3%。先週の7.5%から大きく下がり、自己ワーストとなった。さらに競技が
最も盛り上がった22時台になると、同じくカンテレ・フジテレビ系のバラエティ『世界の村のどエライさん』が、2.1%という、これまた自己ワーストと
なる視聴率を記録してしまった。

 同時間帯に放送された『報道ステーション』(テレビ朝日系)も、この日は4.4%と、通常10%超えの番組が苦戦を強いられた。ほかにも、10日にレジ
ェンド・葛西紀明が出場したノルディックスキー・ジャンプ男子個人ノーマルヒルの中継と重なった、ドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったこ
とに〜』(日テレ系)第5話の視聴率が7.1%で前週から3.9ポイントの大幅ダウンを記録した。

「オリンピックやワールドカップ、日本シリーズなどに視聴者が集中することはよくありますが、特にドラマの視聴者層は一定の固定客が多いので、こ
こまでかぶっているとは思いませんでした」

 と、あるテレビ関係者。たとえ裏番組のドラマを見ていたとしても、メダル獲得の速報が流れれば、チャンネルを変える視聴者もいるからなおさらだ。

 12日のスピードスケートは平均13.0%、スキージャンプが24.8%、そして14日のスピードスケート女子1000メートルでは、瞬間最高33.0%(平均でも2
4.9%)をたたき出し、裏番組は完全に“五輪砲”をくらったかたちだ。

 この五輪などに視聴者が偏る現象は、近年また強まっている傾向があると、ある放送作家は言う。

「今回の裏番組を通常の週に見ていた層には2種類あります。ひとつは、特に見るものがなくて、消去法で見ていたという層。その層は、単純にいつも見
ているものよりもっと面白いものがやっているからそっちを見る。『報ステ』の視聴者は完全にそうですね」

 もうひとつの層は、普段ドラマを見ている視聴者層だ。

「こちらは、基本的には好きでその番組を見ている、積極的な層です」(同放送作家)

 その多くが、楽しみにしていたドラマから五輪中継に流れたのはなぜか。

「こういった特別感は、“一緒に見たい!”という気持ちが働く。一緒にというのは、本当に誰かと一緒にということだけでなく、SNSやネット掲示板な
どで同時に盛り上がる意味合いも強いです。ドラマも見たいけど、ライブとして盛り上がるのは、やはりオリンピックということだと思います」

 つまり、いつも見ているドラマは、録画して見ようということだ。

 この先も、羽生結弦らが出場する男子フィギュアやレジェンド・葛西のラージヒルなど、注目種目はまだまだ続く。五輪開催期間中は、視聴率が大幅
ダウンしても仕方ないことではある。

 しかし、五輪終了後に、開催前と同じ水準の視聴率に戻るものなのだろうか。前出の放送作家は言う。

「一度、視聴習慣を途切れさせてしまったものを戻すには、やはりその番組の魅力によります。録画してそのまま見なくなってしまうこともありますし
、熱をどこまで保てるのかというところにかかっています」

 五輪終了後、同程度の水準に戻すことができた番組は、良コンテンツと判断していいともいえそうだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/14306673/

続きを読む “五輪の裏でフジテレビ視聴率2%の大コケ、がっかりヾ(⌒▽⌒)ゞ”

平野歩夢、体調不良で「スッキリ」生放送を欠席。大垣市、気象庁、昭和天皇、ローソンストア100

1 :あちゃこ ★:2018/02/20(火) 09:16:52.73 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/mMilYnE.png  五輪2大会連続銀メダルのスノーボード男子ハーフパイプ・平野歩夢(19)=木下グループ=が20日、生出演予定だった日テレ系「スッキリ」(月〜金曜・前8時)を欠席した。
番組冒頭で体調不良と説明された。

 平野は16日に帰国。羽田空港に集まったテレビカメラ10台、報道陣30人、ファン約200人にメダルを披露した。その際、競技後は十分な睡眠が取れず
「鼻水交じり。自分の部屋でゆっくりしたい」と話していた。

 この日の新聞テレビ欄には「生出演! スノボ平野銀メダル名勝負の真実」と予告されていた。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00000062-sph-ent

続きを読む “平野歩夢、体調不良で「スッキリ」生放送を欠席。大垣市、気象庁、昭和天皇、ローソンストア100”

「ガキ使」月亭方正の卒業企画が3年ぶりに復活 ファン歓喜「16回目の卒業楽しみ」。綾瀬はるか、2018年平昌オリンピックのフィギュアスケート競技・アイスダンス、長野県、松山 ケンイチ

1 :たんぽぽ ★ :2018/02/19(月) 15:21:12.69 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/4BswihA.png https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00000126-spnannex-ent
スポニチアネックス

 25日放送の日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」(日曜後11・25)で、落語家の月亭方正(50)が番組卒業を報告する人気ドッキリシリーズ「さようなら月亭方正」が3年ぶりに放送されることが発表され、ファンの間で大きな話題となっている。18日放送の次週予告で明らかとなった。

 18日放送回の終盤に「次週 さよなら月亭方正」「思い出をありがとう」とテロップが表示され、方正と思われる人物が大量の花束を持っている映像が流れた。

 「さようなら月亭方正」は2001年から15年連続で毎年3月か4月に放送された「ガキ使」の人気企画。放送第2回目から番組に出演する方正が番組レギュラーの「ダウンタウン」と「ココリコ」に番組卒業を報告。理由や経緯を説明したうえで、番組終盤に卒業はドッキリだったことを方正が自らばらすお約束の展開が人気を博していたが、16年から2年連続で放送がなかった。

 企画復活にファンはSNSなどで「山ちゃん、また卒業するのか」「3年ぶり16回目の卒業楽しみ」「待ってました。思い出をありがとう」と早速、喜びの反応。企画内で使われる過去の方正のVTRが毎回同じなため、「また方正の結婚式(の映像)を見ないといけないのか」などの声も。また、方正は今年で50歳の節目を迎えるだけに「今回は本当に卒業するのかも」などと心配するファンも多くみられた。

続きを読む “「ガキ使」月亭方正の卒業企画が3年ぶりに復活 ファン歓喜「16回目の卒業楽しみ」。綾瀬はるか、2018年平昌オリンピックのフィギュアスケート競技・アイスダンス、長野県、松山 ケンイチ”

陶芸はwww、鶴太郎「マッチでーす」モノマネ 無茶な誕生理由明かす

1 :湛然 ★:2018/02/17(土) 08:03:07.93 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/7YoORAI.png 2018.02.17.

鶴太郎「マッチでーす」モノマネ 無茶な誕生理由明かす

 タレント・片岡鶴太郎(63)が、このほど、17日放送のカンテレ「おかべろ」(土曜、午後2・27)の収録に参加。80年代にブレークのきっかけとなった近藤真彦(53)のモノマネが、フジテレビ「オレたちひょうきん族」の番組スタッフの無茶ぶりから始まったことを明かした。

 司会のナインティナイン・岡村隆史(47)が、かつての鶴太郎の近藤のモノマネについて「子どもながらに『全然似てないのに』と思ってました」と話すと、鶴太郎は笑顔で「バレてた!?」。

 鶴太郎は「オレたちひょうきん族」について「週刊誌みたいなもので、流行ったら翌週にはそのネタを披露しないといけなかった」と当時の名物番組の事情を説明。
元々、近藤のモノマネは全くしていなかったが、「『ザ・ベストテン』で近藤真彦が1位になるからという理由で、スタッフから無茶ぶりされた」と明かしていた。

カンテレ「おかべろ」に出演した片岡鶴太郎
https://daily.c.yimg.jp/gossip/2018/02/17/Images/d_10993099.jpg
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/17/0010993098.shtml

続きを読む “陶芸はwww、鶴太郎「マッチでーす」モノマネ 無茶な誕生理由明かす”

NHK、チャンネル数減も 多額剰余金・業務肥大化…強まる批判、でかいねー( ・_・)ノΞ

1 :鉄チーズ烏 ★ :2018/02/19(月) 06:18:02.25 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/1OG21m5.png  受信料の値下げ見送りや業務肥大化への懸念をめぐり、NHKへの風当たりが強まっている。立法と行政からは「業務・受信料・ガバナンス」の“三位一体改革”を求められる中、不祥事も相次ぐ。その状況下、肥大化への批判と前後し、NHKの会長や経営委員長がチャンネル数減を示唆し始めた。識者は事業規模・範囲の適正さについて国会などでの議論開始を訴えている。   (大塚創造)

 NHKは1月、平成30〜32年度の経営計画を発表。今月9日には30年度予算案が閣議決定されたが、30年度末で利益剰余金(内部留保)が767億円となる見込みであることなどを踏まえ、政府は受信料について「引き下げの可能性を含め検討を行うことを求める」との総務相意見を付けた。また、日本新聞協会メディア開発委員会も同日、「抜本的に業務範囲と受信料水準を見直す視点が欠けている。肥大化の懸念だけが強まる内容となった」と批判する見解を発表した。

 NHKでは今年12月、衛星で超高精細映像の4K・8K放送が始まり、チャンネル数はテレビとラジオを合わせて9つとなる。経営計画ではインターネットを活用した「“公共メディア”への進化」を掲げており、将来的にはテレビと同じ番組をネットで流す「常時同時配信」で受信料新設による新たな財源確保も狙う。

 受信料制度については昨年、最高裁の「合憲」判決で司法のお墨付きを得た一方、参院総務委員会の決議で「業務範囲の在り方については受信料制度及びガバナンスの在り方とともに丁寧に検討を進めること」と指摘されるなど、立法と行政からは三位一体改革を求められている。

 しかし、NHKは経営計画で一律の受信料値下げを見送り、「合憲」判決を追い風に受信料の徴収率アップによる増収を企図。肥大化への懸念に加え、全国瞬時警報システム(Jアラート)に絡む誤報を出すなど不祥事も相次いでおり、改革の実現からはほど遠い状況だ。

 こうした中、NHKからはチャンネル数減を示唆する発言が出始めた。上田良一会長は「(8Kの)普及に全力投球する一方、視聴者にとって何が有益かという視点に立ち検討を進めたい」と言及。さらに経営委員会の石原進委員長(JR九州相談役)も「BSが4つになり、状況を見て整理が必要だ」と発言。8Kの普及には時間がかかるとみられるが、チャンネル数減のタイミングについて「そう遠い将来ではない」とまで言い切る。

 立教大学名誉教授の服部孝章氏(メディア法)は、「チャンネル数を減らすことと受信料制度との関係も議論する必要がある。さらに、今後の事業規模・範囲の適正な在り方について議論をすぐに始めなければならない。国会でも議論すべきだし、NHKも自ら内部で議論し発信すべきだ」と強調している。

 ■4K・8K NHKが現在放送しているハイビジョンに比べ、画面の光の点(画素)の数が4Kで4倍、8Kでは16倍となり、高精細でより臨場感がある画質の映像を見ることができる。平成30年12月1日から始まる本放送は対応テレビを買っただけでは見られず、今後、メーカーから市販されるチューナーなどを追加する必要があり、普及が課題。NHKでは現在、BSでBS1とBSプレミアムを放送しており、4K・8K放送が始まればBSは計4チャンネルとなる。

2018.2.18 23:42
http://www.sankei.com/entertainments/news/180218/ent1802180006-n1.html
http://www.sankei.com/images/news/180218/ent1802180006-p1.jpg

続きを読む “NHK、チャンネル数減も 多額剰余金・業務肥大化…強まる批判、でかいねー( ・_・)ノΞ”

TBS安住紳一郎アナ 羽生結弦への結婚質問さばき「好感度爆上げ」。プリンセスコネクト!、印西市、ブルックリン・ネッツ、重賞

1 :muffin ★:2018/02/18(日) 19:46:40.71 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/Z3y1kfr.png https://www.daily.co.jp/gossip/2018/02/18/0010997171.shtml
2018.02.18

 TBSの安住紳一郎アナウンサーが17日に放送された同局系「新・情報7daysニュースキャスター」において、平昌五輪フィギュア男子で金メダルを獲得した羽生結弦への「結婚質問」を「見るだけで」とさばいたことに、ネット上で「安住さんの好感度爆上げ」「気遣いが神過ぎる」などと盛り上がっている。

 17日の同番組では、視聴者からの羽生への質問をパネルにまとめた。その中に「お嫁さんはどうするんですか」という項目があり、安住アナは番組に出演した羽生に「現役のアスリートに聞く質問じゃないのも入ってますから、見るだけにしといてください」と“答える必要はない”とのメッセージを送った。

 この安住アナの対応にネット上では称賛の声があふれた。「羽生くんへの質問の中に『お嫁さんはどうするんですか』ってのがあって安住アナが『こちらはスルーしてください』って言ったのグッジョブ」。

 「そういう気遣いでマスコミの人がアスリートを大切にしてくれるとほっとする」。

 「昨日見てたこの一件で私の中で安住さんの好感度爆上げでした」。

 「羽生結弦への安住アナの気遣いが神過ぎる…ゆづも爆笑」。

 「情報7daysで視聴者からの質問に羽生くんが答えるコーナーで『お嫁さんはどうするの』というのがあって、安住アナが『見るだけでいいです』と流していたのでさすがだなと思った」。

 「番組が選んだ羽生選手へのぶしつけな質問を華麗にスルーさせる安住さん素晴らしい対応」など称賛の声が多く見られた。

続きを読む “TBS安住紳一郎アナ 羽生結弦への結婚質問さばき「好感度爆上げ」。プリンセスコネクト!、印西市、ブルックリン・ネッツ、重賞”

びっく^^^、張本勲氏、銅メダルの高梨沙羅に「今のままじゃルンビに勝てないよ」

1 :あちゃこ ★:2018/02/18(日) 11:40:41.87 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ywiLxeX.png  野球評論家の張本勲氏(77)が18日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演し、平昌五輪ジャンプ女子ノーマルヒルで
銅メダルを獲得した高梨沙羅(21)=クラレ=へさらなる奮起を促した。

 張本氏は高梨の銅メダルに「よかったね」と漏らしただけでアッパレはなし。さらに「しかし今のままじゃルンビには勝てないよ」と断じた。金メダルを
獲得したマーレン・ルンビ(23)=ノルウェー=との身長差を指摘し「ルンビが171だから彼女は152ぐらいしかないからね。助走から差があるんですよ」
とした上で「ですから踏切の時、飛び上がるときの練習をしてもらいたい」と指摘していた。

 この発言にゲスト出演した3大会連続五輪出場の元ショートトラック日本代表の勅使河原明美さん(39)は、アッパレをあげた上で「でもですね。
ルンビ選手は身長が高いので、その分、板の長さも長くなるんですよ。風をとらえる面積が大きくなるので」と反論。司会の関口宏(74)が「じゃぁ
体大きい方が得なの?」と聞くと勅使河原さんは「そうなんです。っていうところで高梨選手152センチとして頑張りましたよね」と絶賛した。
この解説に関口は「じゃぁもうちょっと背伸ばさなきゃいけないんだ」と笑っていた。

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000069-sph-base

続きを読む “びっく^^^、張本勲氏、銅メダルの高梨沙羅に「今のままじゃルンビに勝てないよ」”

あさイチ新MCに華丸・大吉が選ばれた理由 『きつい言葉も中和する魅力』。くっきー、チャンピオンズカップ、事件、熊谷岳大

1 :江戸領内小仏蘭西藩 ★:2018/02/15(木) 15:15:37.37 ID:CAP_USER9

https://i1.wp.com/i.imgur.com/rbRnrFK.png 「あさイチ」新MCに華丸・大吉が選ばれた理由 きつい言葉も中和する魅力
2018年02月15日 10:00
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/15/kiji/20180215s00041000031000c.html
NHK「あさイチ」の新司会に起用されることになった「博多華丸・大吉」の博多華丸(左)と博多大吉 Photo By スポニチ

 NHKの朝の看板番組「あさイチ」(月—金曜前8・15)の4月からの新キャストが博多華丸(47)大吉(46)に決まった。

 同局では、メーンMCの井ノ原快彦(41)と有働由美子アナ(48)が3月で卒業することが決まり、1月下旬から後任の調整に入った。当初はいろいろな候補の名前も挙がったが、同局関係者によると、
「老若男女に愛されるキャラで朝の顔にふさわしい。少々きつい言葉でツッコんでも、大吉さんはなぜだか空気を中和してしまうような不思議な魅力もある」ということでオファーを出し、快諾を得たという。

 確かに華丸・大吉についてよくない評判を聞いたことがない。ある中堅芸人も「普通、芸人なら悪口の一つや二つ聞こえてきそうなものですけど
“若手の頃からお世話になった”“親身になって相談に乗ってくれる”という話しか出てこない。誰に対しても同じスタンスで永世中立のスイスみたいなコンビ。2人ともお酒も大好きですが、崩れることもない」という。
コンビ仲もよく、お笑い界でも珍しい存在である。

 数年前、記者も懐メロを流すパブで華丸と一緒になったことがあるが、良い印象しか残っていない。華丸は焼酎とハイボールをチャンポンしながら、テレビ番組や舞台と変わらない普段の調子のままでニコニコ。
ハウンドドックや村下孝蔵の名曲をリクエストし、周囲の客のことも気遣いながら最後まで明るいお酒だった。

 「あさイチ」で心配なのは、この“酒”による失敗だが、そこはプロ。打ち合わせを考えると放送の2時間くらい前には局入りしなければならず、朝までの深酒はしないはずだ。
それよりも大吉自身が気にしているのが「ゴルフ」だという。

「朝の帯番組で華丸さんが大好きなゴルフになかなか行けなくなるのがつらいんです…」

 周囲にこぼした相方へのこの言葉。8年間続いたイノッチ&有働アナの名コンビを見られないのは寂しいが、リニューアルする「あさイチ」も、番組の持つ“ほっこり”した雰囲気は変わることなく続きそうだ。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/15/jpeg/20180215s00041000026000p_view.jpg

続きを読む “あさイチ新MCに華丸・大吉が選ばれた理由 『きつい言葉も中和する魅力』。くっきー、チャンピオンズカップ、事件、熊谷岳大”